コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文室宮田麻呂 ふんやの みやたまろ

2件 の用語解説(文室宮田麻呂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

文室宮田麻呂 ふんやの-みやたまろ

?-? 平安時代前期の官吏。
承和(じょうわ)7年(840)筑前守(ちくぜんのかみ)となり,新羅(しらぎ)(朝鮮)の商人張宝高と交易をおこなう。のち筑前守を解任され,10年には反乱をくわだてたとして伊豆(いず)に流された。貞観(じょうがん)5年の御霊会(ごりょうえ)では御霊祭神としてまつられた。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

文室宮田麻呂

生年:生没年不詳
平安前期の官人。承和6(839)年従五位上,翌7年筑前守。もっとも同9年には前筑前守となっており,この間任を離れているが,そのまま現地にとどまり,来日中の新羅の廻易使李忠らと折衝している。翌10年,従者の陽侯氏雄から謀反を企てていると密告されたのは,この新羅使との接触がかかわっているか。京および難波宅の捜索を受け,兵具を押収されて伊豆に配流,子の忠基(佐渡),安恒(土佐)らもそれぞれ流されている。真相は不明だが,貞観5(863)年5月に行われた神泉苑御霊会では祭神(怨霊)五柱のひとりとされており,当時の人々が宮田麻呂に同情的であったことがうかがわれる。近江国にも家10区の他水田数十町を所有しており,中下級貴族の財産所有の一端が知られる。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone