コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文室康秀 ふんやのやすひで

1件 の用語解説(文室康秀の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

文室康秀

生年:生没年不詳
9世紀半ばごろの歌人,六歌仙のひとり。姓は「文屋」とも書く。『古今集』『後撰集』に6首伝わるが,うち2首は,子の朝康の作ともされ確実ではない。三河掾,山城大掾,逢殿助 などを歴任したといい,仁明天皇や二条の后藤原高子の周辺にあって,官位にめぐまれぬまま老いてしまう身の不遇を訴える「春の日の光にあたる我なれど頭の雪となるぞわびしき」のような歌が,少ない詠歌の中にも目につく。技巧的ではあるが品格に欠けるところが,「言葉は巧みにて,その様身に負はず」という『古今集』仮名序の評につながると思われる。三河掾として任国に赴くとき小野小町を誘ったことが,小町伝説のなかでのちの世まで語られた。

(内田順子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文室康秀の関連キーワード馬内侍喜撰六歌仙大友黒主小大君ベンチャロン菅原輔昭増基(1)登蓮源国紀

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone