文書館学(読み)ぶんしょかんがく

図書館情報学用語辞典の解説

文書館学

文書館学

文書館における記録史料管理の理論と技術を研究する研究領域.記録史料の管理原則として,発生源を明らかにする「出所原則」と「原秩序尊重の原則」があること,1点ずつではなくコレクション全体を対象とし,分類ではなく編成を重視するなどの点で図書館情報学の考え方とは異なる.しかし,史料の書誌記述や検索などでは図書館情報学と重なる部分が大きい.「ぶんしょかんがく」とも読む.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android