コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

図書館情報学 トショカンジョウホウガク

3件 の用語解説(図書館情報学の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

としょかん‐じょうほうがく〔トシヨクワンジヤウホウガク〕【図書館情報学】

formatter》図書の収集・分類・保存・利用に関する諸問題を研究する図書館学と、情報の利用やあり方について研究する情報学とを合わせた、学際的な学問領域。1970年代以降、図書館における情報化が著しく進み、従来の図書館学に加え、コンピューターを利用することを前提とした図書館情報学が成立した。近年は図書以外の論文・手稿・写真・マイクロフィルム・音声資料・映像資料に加え、デジタル化されたあらゆるコンテンツも研究対象とする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

図書館情報学
としょかんじょうほうがく
library and information science

図書を中心とした資料の収集・保存、利用を機能とする図書館の本質とその経営を対象とする図書館学library scienceに、情報学information scienceという分野を加えた学問。1970年代以降、図書館の業務のコンピュータ化、情報処理の進展に伴い、図書館学は図書館情報学へと名称を変えていった。[藤野幸雄]

歴史

図書館学の歴史は、19世紀のドイツで始まった。専門雑誌『セラペウム』Serapeum(1840~70)の刊行、近代図書館学の開拓者ともいえるシュレッティンガーMartin Wilibald Schrettinger(1772―1851)、シュレッティンガーを批判し歴史主義図書館学を主張したエーベルトFriedrich Adolf Ebert(1791―1834)の活躍などにより、分類体系、蔵書構築、図書館員の役割などを理論的に究明する方向が打ち出されていった。図書館学Bibliothekswissenschaft(ドイツ語)という語は、シュレッティンガーの著書『図書館学全教程試論』Versuch eines vollstndigen Lehrbuches der Bibliothekswissenschaft(1908)により、初めて用いられた。
 一方、1876年に図書館協会を創設したアメリカでは、「十進(じっしん)分類法」を発表したデューイMelvil Dewey(1851―1931)により、87年コロンビア大学に図書館学校が設置され、図書館員養成が始まった。その後各地の大学に図書館学科が開設され、教官が研究に取り組んだ。1926年にはシカゴ大学に博士課程を置く大学院図書館学研究科が創設され、同大学教授バトラーPierce Butler(1886―1953)により『図書館学序説』An Introduction to Library Science(1933)が刊行された。[藤野幸雄]

日本

日本では、明治期に欧米の図書館経営の理論が紹介され、大正期には青年図書館員連盟による『(としょかん)研究』が発刊(1928~43)された。また、1921年(大正10)帝国図書館で文部省による図書館員教習所が開設されるなど、専門的な図書館員養成も行われるようになった。しかし、図書館学への本格的な取組みは、第二次世界大戦後、51年(昭和26)慶応義塾大学文学部内に図書館学科が開設されたのをはじめとし、各大学に図書館学部・学科が成立してからである。79年には国立の図書館情報大学(現筑波大学図書館情報専門学群)が創設され、研究・教育への本格的な取組みが始まった。
 1990年代以降、文献情報の処理・管理の技術が進み、デジタル化したデータが蓄積できるようになり、大学・学術図書館における電子図書館の研究が活発となった。古典作品、学位論文などのデータベースは京都大学、筑波大学の図書館などで実現しており、研究面でもそのネットワーク化や画像・音声の高度な処理技術が開発されている。日本の図書館情報学は日本図書館情報学会(旧日本図書館学会)、図書館文化史研究会などの学会を研究者が支えている。[藤野幸雄]
『P・バトラー著、藤野幸雄訳『図書館学序説』(1978・日本図書館協会) ▽図書館情報学ハンドブック編集委員会編『図書館情報学ハンドブック』第2版(1999・丸善)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

図書館情報学

図書館学に情報学が付け加わった研究領域.図書館学が中心とする図書館にかかわる諸現象,具体的には,制度,運営,書誌コントロール,資料,サービス,利用,それに施設などに加えて,情報やメディアの性質,それらの生産から蓄積,検索,利用までの過程を対象とする.実際には,米国のlibrary schoolが,コンピュータの利用や情報検索などをカリキュラムに取り入れ,school of library and information scienceと名称変更し始めた1960年代初めに起こり,Encyclopedia of Library and Information Science(初版1968-2003)やLibrary & Information Science Abstracts(1969-  )が刊行された1960年代末に確立したと考えられる.日本では,「情報図書館学」「図書館・情報学」などの表記があるが,「図書館情報学」が定着した.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学の関連キーワード学校図書館図書図書館法掌記図書目録アーキビスト図書室新聞図書費松木俊章バチカン図書館

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

図書館情報学の関連情報