文泉舎鈴繁(読み)ぶんせんしゃ すずしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

文泉舎鈴繁 ぶんせんしゃ-すずしげ

?-? 江戸時代後期の狂歌師。
江戸本所にすむ。文々舎蟹子丸(ぶんぶんしゃ-かにこまる)の門人。のち千柳亭唐麿(せんりゅうてい-からまる)から唐麿(唐丸)の号をゆずられる。天保(てんぽう)年間(1830-44)に雲井園梅信との共編で「良材集」を刊行した。小泉。別号に桜戸。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android