コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文法範疇 ぶんぽうはんちゅうgrammatical category

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文法範疇
ぶんぽうはんちゅう
grammatical category

言語学用語。言語を記述する際,文法上抽象化するための種類のこと。第1次範疇として品詞があり,これを語彙範疇ともいう。第2次範疇として文人称時制アスペクト (相) ,法 (モード) , (ボイス) などがある。文法範疇はどの言語にも多かれ少なかれ共通した抽象概念であるが,言語によってそれが義務的であったり随意であったりする。たとえば複数は,英語などでは two books; many booksなどと必ずこれを標示しなければならないが,日本語ではその必要がない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

文法範疇の関連キーワードインド・ヨーロッパ語族数(すう、言語学)性(gender)スロベニア語テクスト理論性(言語)言語相対論エスキモー数(言語)法(言語)命令法不定詞助動詞条件法屈折語抱合語具格活用双数呼応

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android