コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抽象概念 チュウショウガイネン

大辞林 第三版の解説

ちゅうしょうがいねん【抽象概念】

〘哲〙 ある性質や関係を、その基体である個々の事物から離れてそれ自体として指示する概念。例えば、人間性・大・正直など。抽象名辞。 ⇔ 具体概念

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

抽象概念の関連キーワードインストルメンタリズムイギリス演劇北村四海文法範疇完全競争抽象名詞実存主義経験論道徳劇擬人法常民事物放送類型四大漢字無生知性観念規格

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抽象概念の関連情報