コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斉藤喜彦 さいとう よしひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斉藤喜彦 さいとう-よしひこ

1920-2014 昭和後期-平成時代の化学者。
大正9年11月3日生まれ。大阪市立大教授をへて,昭和35年東大物性研究所教授となる。56年慶大教授。金属錯体絶対配置の決定ならびに電子密度分布の精密測定で,平成3年学士院賞。平成26年5月12日死去。93歳。大阪府出身。大阪帝大卒。著作に「化学結晶学入門」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の斉藤喜彦の言及

【錯体】より

…例として[CoCl(NH3)(en)2]2+の幾何異性体と光学異性体を図2‐cに示す。光学異性体の絶対配置は[Co(en)3]3+について日本で初めてX線によって決定された(斉藤喜彦ら,1955)。
[吸収スペクトル]
 遷移金属錯体の多様な色は,おもに可視部にある結晶場,配位子場,あるいはd‐d吸収帯とよばれる吸収帯によることが多い。…

※「斉藤喜彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

斉藤喜彦の関連キーワード登録記念物大恐慌田爪愛里あゆみくりかまきHAPPYビットコイン[各個指定]芸能部門牧野省三自由形緑友利恵