コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斉論 セイロン

大辞林 第三版の解説

せいろん【斉論】

斉の人が伝えていた「論語」。前漢の頃、「魯論ろろん」「古論」とあわせて現在のものになった。「魯論」より二編多く、二二編ある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

斉論の関連キーワードソクラテスの思い出

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android