コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古論 コロン

デジタル大辞泉の解説

こ‐ろん【古論】

古字で書かれた論語孔子の子孫の家の壁中から発見されたという。現在のものより1編多く21編。→魯論斉論

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ころん【古論】

古文字で書かれた「論語」の異本。前漢時代に孔子の家の壁中から発見されたという。現在のものより一編多く、二一編。 → 斉論魯論ろろん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

古論の関連キーワード王政復古(日本)為兼卿和歌抄坂下門外の変大須賀乙字モーラス梁思永尊王論陳亮異本