斎宮の神司(読み)いつきのみやのかみづかさ

  • いつきのみや
  • の 神司(かみづかさ)
  • 斎宮

精選版 日本国語大辞典の解説

斎宮寮に属した宮司。後に神祇官に属す。中臣(なかとみ)、忌部(いんべ)、宮主(みやじ)を置き、内院の神殿に関するいっさいの神事をつかさどるもの。〔二十巻本和名抄(934頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android