中臣(読み)ナカトミ

大辞林 第三版の解説

姓氏の一。古代の有力氏族。天児屋根命あまのこやねのみことの子孫と伝え、宮廷の神事・祭祀をつかさどった。669年、中臣鎌足が死去に際して賜った藤原の姓は、子の不比等の子孫に受け継がれ、その他は中臣の姓とともに神事の家業を継承。代々神祇官・伊勢神宮・春日社などの要職を占めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

古代の有力な氏族。大和朝廷に祭祀をもって仕え、はじめ連(むらじ)、後に朝臣、さらに大中臣朝臣。鎌足のときに藤原の姓を賜わり、忌部(いんべ)氏と勢力を争った。神祇官・伊勢祭主などを歴任。後に藤波と姓を改め、明治に子爵となった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android