コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中臣 ナカトミ

大辞林 第三版の解説

なかとみ【中臣】

姓氏の一。古代の有力氏族。天児屋根命あまのこやねのみことの子孫と伝え、宮廷の神事・祭祀をつかさどった。669年、中臣鎌足が死去に際して賜った藤原の姓は、子の不比等の子孫に受け継がれ、その他は中臣の姓とともに神事の家業を継承。代々神祇官・伊勢神宮・春日社などの要職を占めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中臣の関連キーワードアメノタネコノミコト(天種子命)アメノコヤネノミコト(天児屋命)大阪府大阪市東住吉区住道矢田天つ神の寿詞中臣意美麻呂中臣祓訓解大中臣鷹主中臣の寿詞神祇の四姓忌部・斎部天児屋命天太玉命中臣逸志鹿島武主桑名宗社忌部虫名中臣人足百座の祓斎部広成古語拾遺

中臣の関連情報