コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮司 ぐうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮司
ぐうじ

官幣社,国幣社の最高の神職。一般神社の主管者。古くは神社の造営収税などを司ったが,のちに祭祀を司るようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぐう‐じ【宮司】

神社に仕え、祭祀(さいし)・造営・庶務などをつかさどる者の長。
戦前の神官・神職の職階の一。明治4年(1871)の神官職員規則では、神宮および官・国幣社だけに用いられた職名

みや‐づかさ【宮司】

《「みやつかさ」とも》
中宮職(ちゅうぐうしき)東宮坊(とうぐうぼう)のこと。また、そこの職員。
神官。ぐうじ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

宮司【ぐうじ】

神職

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぐうじ【宮司】

神社の長である神官。古くは神社の造営・収税などのことをつかさどる者、のちには祭祀さいし・祈禱きとうに従う神職者を広くいった。明治以降の神社制度では官幣社・国幣社の主管者をいい、戦後、社格制度が廃止されてからは一般神社の主管者をもいう。
伊勢神宮で、祭主に次ぐ役。大宮司と少宮司がある。
春宮坊とうぐうぼう・中宮職などの職員。

みやづかさ【宮司】

中宮職・春宮とうぐう坊のこと。また、その職員。
神官。宮司ぐうじ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮司
ぐうじ

神職の一職名。大宮司、権(ごん)大宮司、少宮司、権宮司などの別がある。古くは伊勢(いせ)神宮をはじめ、熱田(あつた)神宮、香取(かとり)神宮、鹿島(かしま)神宮、宗像(むなかた)大社、香椎宮(かしいぐう)、宇佐(うさ)神宮、阿蘇(あそ)神社などの諸社に、譜代(ふだい)の職として大宮司があり、その社の長官として神に奉仕し、造営、収税などをつかさどった。また、少宮司、権宮司を置いた社もあった。明治維新後、1871年(明治4)に神官職員取扱規則が規定され、その後もたびたび改正、伊勢神宮には祭主に次いで大宮司、少宮司、官国幣社には宮司が置かれ、熱田、橿原(かしはら)、出雲(いずも)、明治、朝鮮の5官社には宮司のほかに権宮司が置かれた。しかし第二次世界大戦後は社格制度が廃止され、各神社に宮司が置かれ、一社の長として、祭祀(さいし)を管掌し、社務をつかさどり、神社の信仰と伝統の護持に努めることを本義としている。また名誉宮司の制もできた。[森安 仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宮司の言及

【神職】より

…神祇官には,伯(長官),大・少副(次官)をはじめ,大・少祐,大・少史および神部(かんべ),卜部(うらべ)がおり,そのほかにも御巫(みかんなぎ)などがいた。伊勢神宮では,古来,祭主(さいしゆ),大宮司,少宮司,禰宜(ねぎ)などの職称があった。諸社では,神主(かんぬし),祝部(はふりべ),宮司,禰宜などの語が一般に用いられた。…

【大宮司】より

神職の官名の一つ。伊勢神宮において,7世紀中ごろの孝徳天皇のときにそれまで〈神庤司〉と称されていた職名を〈大神宮司〉と改め,中臣香積連須気が初めてこれに補任されたという(《皇大神宮儀式帳》)。大神宮司は神宮の祭祀全般を掌握すると同時に財政一般をも処理し,神郡および全国に散在する神戸(かんべ)の神税検収,その地における司法・警察権まで管掌した。…

※「宮司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

宮司の関連キーワード藤原季兼(2)熱田大宮司季範高沢 信一郎三室戸和光高階 幸造琴陵 光煕禰宜・祢宜今井 清彦鈴木松太郎伏原 宣足大貫 真浦桑幡 公幸藤井 行徳到津 公凞阿蘇 惟孝高階研一到津公煕近藤芳介交野時万大畑弘国

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮司の関連情報