宮司(読み)ぐうじ

日本大百科全書(ニッポニカ)「宮司」の解説

宮司
ぐうじ

神職の一職名。大宮司、権(ごん)大宮司、少宮司、権宮司などの別がある。古くは伊勢(いせ)神宮をはじめ、熱田(あつた)神宮、香取(かとり)神宮、鹿島(かしま)神宮、宗像(むなかた)大社、香椎宮(かしいぐう)、宇佐(うさ)神宮、阿蘇(あそ)神社などの諸社に、譜代(ふだい)の職として大宮司があり、その社の長官として神に奉仕し、造営、収税などをつかさどった。また、少宮司、権宮司を置いた社もあった。明治維新後、1871年(明治4)に神官職員取扱規則が規定され、その後もたびたび改正、伊勢神宮には祭主に次いで大宮司、少宮司、官国幣社には宮司が置かれ、熱田、橿原(かしはら)、出雲(いずも)、明治、朝鮮の5官社には宮司のほかに権宮司が置かれた。しかし第二次世界大戦後は社格制度が廃止され、各神社に宮司が置かれ、一社の長として、祭祀(さいし)を管掌し、社務をつかさどり、神社の信仰と伝統の護持に努めることを本義としている。また名誉宮司の制もできた。

[森安 仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「宮司」の解説

ぐう‐じ【宮司】

〘名〙
① 神職の一つ。神社の造営、収税のことなどをつかさどった者。後にはひろく祭祀、祈祷に従事する者の称。大宮司、権大宮司、少宮司、権宮司などの別がある。
※気比社古文書‐天元五年(982)五月二八日・太政官符案「寺司宮司祝部等申云」
② 伊勢皇大神宮で、祭主に次ぐ、大宮司、少宮司の称。〔内務省令五三号‐明治三二年(1899)一〇月一八日〕
③ もと、官幣社、国幣社の最高の神官。内務大臣および地方長官の指揮監督をうけ、祭祀をつかさどり、庶務を管理し、奏任官待遇であった。今では、一般神社の主管者。
※風俗画報‐二一九号(1900)人事門「御霊体の前頭を掩ひ奉つるものに奉仕すべき主典、宮司、は緑袍明衣」
④ 東宮職、中宮職、皇太后宮職などの職員。
※大鏡(12C前)二「院うせおはしましては、〈略〉宮司などだにもまいりつかまつることもかたくなりゆけば」

みや‐づかさ【宮司】

〘名〙
① (「なかのみや(中宮)のつかさ」の略) 中宮職(ちゅうぐうしき)のこと。また、その大夫(だいぶ)以下の宮人。
※竹取(9C末‐10C初)「みやづかささぶらふ人人みな手をわかちてもとめ奉れども」
② 春宮坊(みこのみやのつかさ)のこと。また、そこの宮人。
※宇津保(970‐999頃)菊の宴「宮人、男には白き袿・袴に、女には装束〈略〉春宮の御とも、殿上人・みやづかさまで給はりぬ」
③ 神官。ぐうじ。
※宇治拾遺(1221頃)一〇「其の祭の日になりて、宮づかさより始め、万の人人こぞりあつまりて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「宮司」の解説

ぐう‐じ【宮司】

神社に仕え、祭祀(さいし)・造営・庶務などをつかさどる者の長。
戦前神官・神職の職階の一。明治4年(1871)の神官職員規則では、神宮および官・国幣社だけに用いられた職名。

みや‐づかさ【宮司】

《「みやつかさ」とも》
中宮職(ちゅうぐうしき)東宮坊(とうぐうぼう)のこと。また、そこの職員。
神官。ぐうじ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宮司の言及

【神職】より

…神祇官には,伯(長官),大・少副(次官)をはじめ,大・少祐,大・少史および神部(かんべ),卜部(うらべ)がおり,そのほかにも御巫(みかんなぎ)などがいた。伊勢神宮では,古来,祭主(さいしゆ),大宮司,少宮司,禰宜(ねぎ)などの職称があった。諸社では,神主(かんぬし),祝部(はふりべ),宮司,禰宜などの語が一般に用いられた。…

【大宮司】より

神職の官名の一つ。伊勢神宮において,7世紀中ごろの孝徳天皇のときにそれまで〈神庤司〉と称されていた職名を〈大神宮司〉と改め,中臣香積連須気が初めてこれに補任されたという(《皇大神宮儀式帳》)。大神宮司は神宮の祭祀全般を掌握すると同時に財政一般をも処理し,神郡および全国に散在する神戸(かんべ)の神税検収,その地における司法・警察権まで管掌した。…

※「宮司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android