コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎田梅亭 さいだ ばいてい

美術人名辞典の解説

斎田梅亭

截金工芸家。名は右五郎。京都西本願寺専属の截金仏画を家業とする四代斎田万次郎の五男。昭和二十年六代目を継承した。京都在住の技術らと截光会を結成し保存振興につとめた。また截金を工芸品に応用し日展・日本伝統工芸展を中心に活躍した。昭和56年重要無形文化財「截金」の保持者に認定された。昭和56年(1981)歿、81才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎田梅亭 さいだ-ばいてい

1900-1981 昭和時代の截金(きりかね)師。
明治33年4月6日生まれ。家業の截金仏画師をついだ兄晨三郎(ときさぶろう)にまなぶ。昭和11年帝展初入選。49年赤坂離宮迎賓館の屏風(びょうぶ)「霞文様」を制作。伝統的な截金の技法を工芸品によみがえらせた。56年人間国宝。昭和56年6月1日死去。81歳。京都出身。京都市美術工芸学校卒。本名は右五郎(ゆうごろう)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例