コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎田 サイデン

大辞林 第三版の解説

さいでん【斎田】

神饌しんせんに用いる米を栽培する田。
大嘗祭だいじようさいに供進する御酒・御饌の料となる新穀を作る田。悠紀ゆき・主基すきの両田。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

斎田の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門ヨハネ・パウロ(2世)山木検校(3世)山木検校(3代)塩廻船(塩回船)抜き穂田・抜穂田タイム(週刊誌)大谷五郎右衛門三原屋貞右衛門抜き穂・抜穂尾張旭(市)斎田 喜兵衛鈴鹿 正静白井光太郎斎田佐枝子悠紀・主基6月11日斎田 梅亭斎田明善飯沢 匡

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

斎田の関連情報