コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤佑樹 さいとうゆうき

1件 の用語解説(斎藤佑樹の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

斎藤佑樹

1988年6月6日群馬県新田郡新田町(現・太田市)生まれのプロ野球投手。176cm、76kg。右投げ右打ち。2010年12月、プロ野球北海道日本ハムファイターズに入団。背番号18。11年2月現在、早稲田大学教育学部社会科在学。
早稲田実業学校高等部在学中、3年生で出場した春の甲子園(第78回選抜高等学校野球大会)では準々決勝で敗れたが、夏の甲子園(第88回)では、決勝戦で駒澤大学附属苫小牧高等学校と対戦して引き分け、再試合にて田中将大投手(現・東北楽天ゴールデンイーグルス)との投げ合いの末、優勝した。この大会中の登板は、全69回、948球。青いハンカチで顔の汗をぬぐうことにも注目が集まり「ハンカチ王子」のニックネームが付けられた。このハンカチは既に製造が中止されており、ネットオークションで定価400円に対して1万円の値が付くなどの人気となった。
早稲田大学進学後は、1年生から活躍し、07年の春・秋東京六大学野球リーグ戦を連覇するなど計4回のリーグ優勝。1年生で全日本大学野球選手権、最終4年生では明治神宮大会も制した。早稲田大学野球部第100代主将でもある。
10年10月28日のプロ野球ドラフト会議では、4球団が1位指名を希望して競合し、北海道日本ハムファイターズが交渉権を獲得した。12月6日、都内のホテルで入団交渉を行い、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円(金額はいずれも推定)で契約。
12月9日、札幌ドームで行った入団発表会見には8千人のファンが集まり、2軍の練習施設がある千葉県鎌ケ谷市の鎌ケ谷スタジアムで11年1月16日に行われた歓迎式典にも、約1万1千人のファンが詰めかけた。2月には、日本ハムファイターズ新人の中から、ただ一人1軍のキャンプに参加。沖縄名護市のキャンプ地でも、多くのファン・報道陣を集め、今後も経済効果面を含め、活躍が期待されている。

(葛西奈津子  フリーランスライター / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斎藤佑樹の関連キーワード新田義重見立新田荒山小左衛門岩松経家世良田頼氏新田忠純新田政義新田義兼葉住利蔵源義国

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

斎藤佑樹の関連情報