コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤恒 さいとう ひさし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤恒 さいとう-ひさし

1877-1953 明治-昭和時代前期の軍人。
明治10年11月16日生まれ。参謀本部課長などをへて,大正14年関東軍参謀長となる。昭和3年張作霖(ちょう-さくりん)爆殺事件の責任をおわされ,東京湾要塞(ようさい)司令官に転じた。陸軍中将。昭和28年3月8日死去。75歳。石川県出身。陸軍大学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

斎藤恒の関連キーワード星野遺跡明治

斎藤恒の関連情報