コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張作霖爆殺事件 チョウサクリンバクサツジケン

5件 の用語解説(張作霖爆殺事件の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょうさくりんばくさつ‐じけん〔チヤウサクリンバクサツ‐〕【張作霖爆殺事件】

1928年、張作霖国民党軍の北伐に敗れて満州(中国東北部)にもどる途中、関東軍参謀河本大作らの工作によって奉天(現在の瀋陽)駅近くで列車を爆破され、死亡した事件。当時、日本国内では真相が隠されていたが、この事件で田中義一内閣は総辞職となった。満州某重大事件

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

張作霖爆殺事件【ちょうさくりんばくさつじけん】

1928年6月4日北京から奉天へ帰途の張作霖関東軍参謀河本大作らの手で爆殺された事件。当時田中義一内閣は張政権をたてて満州(中国東北)を中国から分離し日本の傀儡(かいらい)とするために,満州への引揚げを張に要求。
→関連項目河本大作田中義一北洋軍閥

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうさくりんばくさつじけん【張作霖爆殺事件】

中華民国陸海軍大元帥張作霖が関東軍高級参謀河本(こうもと)大作大佐の謀略により爆殺された事件。1928年5月国民革命軍北伐が北京に迫り,奉天軍の敗色が濃厚となると,関東軍ではこの際武力を行使して張を下野させ,新政権を樹立し,中国の東北(東三省,満州)を中国から独立させようと図り,錦州方面へ出動する態勢をとった。しかし田中義一首相はなお張を利用する方針をとり,張にたいし戦わずに満州に引き揚げるよう勧告する一方,関東軍の武力行使に承認をあたえなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうさくりんばくさつじけん【張作霖爆殺事件】

1928年(昭和3)6月4日、張作霖が関東軍の謀略により奉天駅の近くで列車を爆破され、死亡した事件。国民党軍の北伐開始により、張は北京から奉天に撤退しようとしたが、関東軍は満州占領をねらって彼を爆殺した。日本政府はこれを「満州某重大事件」と称して真相を秘匿しようとしたが、この事件により田中義一内閣は総辞職した。奉天事件。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

張作霖爆殺事件
ちょうさくりんばくさつじけん

中華民国陸海軍大元帥張作霖が、関東軍高級参謀河本大作(こうもとだいさく)大佐の謀略により爆殺された事件。1928年(昭和3)国民革命軍の北伐が北京(ペキン)に迫ったため、張は6月3日京奉(けいほう)線の特別列車で北京を退去し、奉天(ほうてん)(現瀋陽(しんよう))に向かった。関東軍は、この機会に張を下野させ、満州(東三省)を中国から独立させようと謀り、錦州(きんしゅう)方面に出動する態勢をとったが、田中義一(ぎいち)首相は武力行使を承認しなかった。このため河本は出動の口実を得ようと、4日早朝、奉天近郊で張の列車を爆破した。張は爆死したが、関東軍は事前の打合せが不十分で出動しなかった。真相は日本国民に秘匿されたが、満州某重大事件として疑惑をよび、田中内閣の倒壊を招いた。[江口圭一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

張作霖爆殺事件の関連キーワード治安維持法稲垣浩松竹(株)戦争文学張作霖サスーンサン・モリッツゼーガースマクリーシュインブリ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

張作霖爆殺事件の関連情報