コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斑状変晶質組織 はんじょうへんしょうしつそしきporphyroblastic texture

岩石学辞典の解説

斑状変晶質組織

変成作用の過程で発達する組織で,他のものより際立って大きな結晶が形成され,周囲が小さい結晶のマトリクスでできた組織[Becke : 1903, 1913].この際に形成された大きな変成鉱物を斑状変晶(porphyroblast)と呼び,自形変晶であることが多い.肉眼的には火成岩斑晶のような偽斑状(pseudoporphyritic)となる.ホルンフェルスに多く見られる.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android