コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偽斑状 ぎはんじょうpseudoporphyritic

岩石学辞典の解説

偽斑状

この名称は混乱しており,様々な定義がなされてきた.アウイはドレライトで輝石の結晶が長石質の石基に埋もれている組織に使用した[Hauy : 1822].その後ラソウは大きな結晶が粗粒の石基に囲まれている組織とした[Lasaulx : 1875].ハーカーは火成岩の組織で斑晶が結晶形成の初期を表していないものとした[Harker : 1897].ベッケはこの名称は変成岩の組織で,結晶片岩中の石榴石のように再結晶の過程で大きな明瞭な結晶が発達した組織で,porphyroblasticと同意語とした[Becke : 1913].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

偽斑状の関連キーワードアヴェザック岩斑状変晶質組織フェノブラストレッドモア岩

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android