コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偽斑状 ぎはんじょう pseudoporphyritic

1件 の用語解説(偽斑状の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

偽斑状

この名称は混乱しており,様々な定義がなされてきた.アウイドレライトで輝石の結晶が長石質の石基に埋もれている組織に使用した[Hauy : 1822].その後ラソウは大きな結晶が粗粒の石基に囲まれている組織とした[Lasaulx : 1875].ハーカーは火成岩の組織で斑晶が結晶形成の初期を表していないものとした[Harker : 1897].ベッケはこの名称は変成岩の組織で,結晶片岩中の石榴石のように再結晶の過程で大きな明瞭な結晶が発達した組織で,porphyroblasticと同意語とした[Becke : 1913].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

偽斑状の関連キーワード温帯カテナ超解像循環定義乱痴気ABL理想輪廻メランジ分化指数ガーガナイト岩

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone