コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斑状間粒組織 はんじょうかんりゅうそしき porphyrogranulitic texture

1件 の用語解説(斑状間粒組織の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

斑状間粒組織

ある種のドレライトの組織で,長石と橄欖(かんらん)石などの斑晶が短冊状の長石と不規則オージャイト粒の石基に含まれるもの[Judd : 1885].この組織は斑状と間粒状(intergranular)組織が組み合わさったものである.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斑状間粒組織の関連キーワードグロメロフィリック豆状組織グロメロフィテイックタクサイト・オフィティックアポトロクトライトアリヴァル岩石英ドレライトナーエ岩エセックサイト-ドレライトオリヴィナイト

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone