新なる月(読み)あらたなるつき

  • あらた
  • なる 月(つき)

精選版 日本国語大辞典の解説

(白居易の「八月十五日夜禁中独直対月憶元九詩」の一節、「三五夜中新月色、二千里外故人心」に基づく) あざやかな月。特に陰暦八月十五夜のあざやかな名月をいう。仲秋の月。
※源氏(1001‐14頃)鈴虫「今宵のあらたなる月の色には、げに、なほ、我が世のほかまでこそ、よろづ思ひながさるれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android