鈴虫(読み)スズムシ

デジタル大辞泉の解説

すず‐むし【鈴虫】


直翅(ちょくし)目スズムシ科の昆虫。中形で、暗い草むらにすむ。体は黒色で、触角や脚の根元は白色。雌は長い産卵管をもち、地中に卵を産む。雄は左右の広い前翅(まえばね)をすりあわせてリーンリーンと鳴く。本州以南にみられ、古くから鳴く虫として飼われる。 秋》「飼ひ置きし―死で庵淋し/子規
マツムシ古名
「忍びやかに歌ふ声―にまがひたり」〈篝火
源氏物語第38巻の巻名。光源氏、50歳。出家した女三の宮の持仏供養、六条院での鈴の宴などを描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すずむし【鈴虫】

コオロギ科の昆虫。体長17ミリメートル 内外。黒褐色で扁平。触角の基半部、肢の基部は白色をおびる。触角は細長い。草むらにすみ、雄は前ばねを立てリーンリーンと鳴く。秋に鳴く虫として古くから飼われる。本州以南の日本と朝鮮半島・中国・台湾に分布。 [季] 秋。
マツムシの古名。 「げに声々の聞こえたるなかに、-のふり出でたる程、花やかにをかし/源氏 鈴虫
源氏物語の巻名。第三八帖。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鈴虫 (スズムシ)

学名:Homoeogryllus japonicus
動物。コオロギ科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鈴虫の関連情報