コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴虫 スズムシ

デジタル大辞泉の解説

すず‐むし【鈴虫】


直翅(ちょくし)目スズムシ科の昆虫。中形で、暗い草むらにすむ。体は黒色で、触角や脚の根元は白色。雌は長い産卵管をもち、地中に卵を産む。雄は左右の広い前翅(まえばね)をすりあわせてリーンリーンと鳴く。本州以南にみられ、古くから鳴く虫として飼われる。 秋》「飼ひ置きし―死で庵淋し/子規
マツムシ古名
「忍びやかに歌ふ声―にまがひたり」〈篝火
源氏物語第38巻の巻名。光源氏、50歳。出家した女三の宮の持仏供養、六条院での鈴の宴などを描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すずむし【鈴虫】

コオロギ科の昆虫。体長17ミリメートル 内外。黒褐色で扁平。触角の基半部、肢の基部は白色をおびる。触角は細長い。草むらにすみ、雄は前ばねを立てリーンリーンと鳴く。秋に鳴く虫として古くから飼われる。本州以南の日本と朝鮮半島・中国・台湾に分布。 [季] 秋。
マツムシの古名。 「げに声々の聞こえたるなかに、-のふり出でたる程、花やかにをかし/源氏 鈴虫
源氏物語の巻名。第三八帖。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鈴虫 (スズムシ)

学名:Homoeogryllus japonicus
動物。コオロギ科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鈴虫の関連キーワード京都府京都市西京区松室地家町柏崎権兵衛(初代)玉水五郎右衛門小唄権左衛門鈴虫権左衛門香染め・香染何とは無し鈴虫勘兵衛新たなる月青木半兵衛明け暮らす生ける限り振り出づほほろぐ取り放つ草の宿り繁野天来思ひ流す鳥屋返る朝鮮半島

鈴虫の関連情報