コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新世代望遠鏡 しんせだいぼうえんきょうnew age telescope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新世代望遠鏡
しんせだいぼうえんきょう
new age telescope

現在ある望遠鏡で世界最大のものは,ハワイにある口径 10mの反射望遠鏡であるが,これは鏡を 36枚組み合わせたもので,従来の1枚鏡の方法では直径 6mより大きな望遠鏡をつくることができないとされていた。反射鏡が重くなりすぎて鏡面がゆがんでしまい,正確な像を結ばなくなってしまうためである。しかし,近年,微光をとらえることのできる CCD (電荷結合素子) の開発などで,望遠鏡はより精密になり,また薄い鏡をコンピュータで制御することでより大きな望遠鏡がつくれるようになった。現在,日本の JNLT (口径 7.5m) ,ヨーロッパ南半球天文台 (口径 8mを4基) など,世界の各国で建造計画が進められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android