新人王戦

デジタル大辞泉プラスの解説

新人王戦

日本棋院、関西棋院しんぶん赤旗が主催する囲碁の棋戦。1975年創設。予選開催年の8月1日時点で25歳以下、6段以下の若手棋士のみの大会。32名によるトーナメント戦。第1回(1976年)の優勝者は小林光一

新人王戦

日本将棋連盟、しんぶん赤旗が主催する若手棋士を対象とする将棋の棋戦。女流棋士・アマチュア・奨励会員を含む26歳以下、5段以下の若手棋士によるトーナメント戦。第1回(1970年)の優勝者は山口英夫。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

新人王戦

「26歳以下」かつ「六段以下」の棋士と、女流棋士、アマチュア、奨励会員の計40人が参加する一般棋戦。トーナメントを勝ち上がった2人が決勝三番勝負を行う。名人戦竜王戦などのタイトル戦ではないが、第1期(1970年)から50年近い歴史を持つ。

(2018-10-18 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新人王戦の関連情報