コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本棋院(読み)にほんきいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本棋院
にほんきいん

棋士統轄棋戦の企画,普及活動などを行なう団体。今日,プロ碁界の大部分を統轄する。1924年方円社,中央棋院,稗聖会(はいせいかい)を中心に,江戸幕府の崩壊後に分裂した日本碁界の再統一と国際普及を目指して創立された。しかし棋院四家の井上家(16世因碩)が参加せず,無所属の野沢竹朝や発足まもなく除名された棋士が棋正社を結成するなど,目的は必ずしも達成されたとはいえなかった。また,1950年に関西棋院が日本棋院から分離した。本部は東京都千代田区に所在し,大阪府大阪市に関西総本部が,愛知県名古屋市に中部総本部がある。普及施設に有楽町囲碁センター,梅田囲碁サロンなどがある。新聞,テレビなどで囲碁棋戦を開催し,雑誌『週刊碁』『月刊碁ワールド』『月刊囲碁未来』などを発行するなど,普及運動を行なっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にほん‐きいん〔‐キヰン〕【日本棋院】

囲碁技術の向上発展と国際的普及のために組織された専門棋士の団体。大正13年(1924)創立の公益財団法人で、棋士の昇段などを定める大手合のほか各種棋戦を実施し、免状の発行もする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

日本棋院【にほんきいん】

囲碁棋士の団体(財団法人)。1924年,大倉喜七郎の尽力で本因坊門,方円社,その他の各派が大同団結して発足。創立直後の雁金準一ら(棋正社),1949年の橋本宇太郎ら(関西棋院)の脱退はあったが,長く棋界をリードした。碁の普及,棋士の養成,段位の認定などをはかり,大手合(公式戦)はじめ各種棋戦を運営する。機関誌(《棋道》《囲碁クラブ》)を発行。東京に本院がある。
→関連項目本因坊秀哉

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にほんきいん【日本棋院】

囲碁の発展・普及を目的とする財団法人。1924年,時の碁界をほぼ二分していた本因坊門と方円社の大同団結によって成立し,以降幾多の波乱を越えて碁界の隆盛のために大きな役割を果たしてきた。おもな事業は(1)専門棋士の養成と段位決定のための大手合開催,(2)新聞棋戦など各種棋戦の主催,(3)国内外への碁の普及とアマチュア免状の発行,(4)出版活動などである。東京本院(千代田区五番町)のほか,大阪に関西総本部,名古屋に中部総本部を置き,それぞれの会館で大手合を行っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にほんきいん【日本棋院】

囲碁の普及と向上を目的とする財団法人。1924年(大正13)創設。専門棋士の昇段試合である大手合のほか、各種の棋戦を行う。囲碁雑誌・書籍も刊行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本棋院
にほんきいん

伝統ある囲碁の発達を図り、文化の向上に資するとともに、国内外への普及を目的とする公益財団法人。1924年(大正13)に本因坊派、方円社、稗聖会(ひせいかい)の諸団体が合併し、男爵大倉喜七郎(きしちろう)(1882―1963)の援助により創立された。これは幕藩体制とともに家元制度が崩壊して以来続いていた、囲碁界の混乱状態に終止符を打つ「碁界大合同」といわれている。事業内容は、各種棋戦の実施運営、プロ棋士養成等のマネジメントから、国内外への普及、アマチュア囲碁大会の実施運営、棋力の認定と免状の発行、そのほか囲碁に関する書籍、雑誌、新聞の発行とインターネットでのサービスなど、囲碁全般にわたる。1990年代以降は、中国棋院、韓国棋院と連携して、国際プロ棋戦の実施も増えている。加盟国・地域74(2012年時点)を数える国際囲碁連盟(IGF: International Go Federation)の事務局を兼ね、世界アマチュア囲碁選手権戦を毎年主催している。2013年(平成25)4月の時点で、初段から九段まで326名のプロ棋士と56名の職員を擁す。国内では市ヶ谷の東京本院のほか、東京・有楽町(ゆうらくちょう)囲碁センター、大阪と名古屋に総本部が置かれ、海外ではアムステルダム、ニューヨーク、シアトル、サンパウロの4か所の囲碁センターを普及の拠点としている。[日本棋院広報]
『『定石大事典』上下(1986~87) ▽『布石大事典』(1989) ▽『手筋大事典』(1992) ▽水口藤雄著『囲碁の文化誌』(2001・以上、日本棋院) ▽『現代囲碁大系 現代囲碁史概説・現代囲碁史年表』(1984・講談社) ▽中山典之著『囲碁の世界』(1986・岩波書店) ▽平本弥星著『囲碁の知・入門編』(2001・集英社) ▽中山典之著『昭和囲碁風雲録』上下(2003・岩波書店) ▽中山典之著『完本 実録囲碁講談』(2003・岩波書店) ▽『週刊碁』週刊 ▽『月刊碁ワールド』月刊 ▽『囲碁未来』月刊 ▽『囲碁年鑑』各年刊(以上、日本棋院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の日本棋院の言及

【碁】より

…幕府の崩壊により家元は禄を離れ,碁界にとっての苦難の道が始まる。
[方円社から日本棋院へ]
 明治維新後の新しい波は秀策の弟弟子村瀬秀甫によって起こされた。家元制を否定する組織〈方円社〉は一般社会への碁の普及を図り,雑誌《囲棋新報》(1879‐1924)を発行するなど時流にのって発展した。…

※「日本棋院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本棋院の関連情報