新啓蒙運動(読み)しんけいもううんどう(英語表記)Xīn qǐ méng yùn dòng

世界大百科事典 第2版の解説

しんけいもううんどう【新啓蒙運動 Xīn qǐ méng yùn dòng】

日中戦争直前の1936年,中国の知識人のあいだにおこった思想運動。陳伯達によって,この運動は近代中国の啓蒙運動の流れの上に意義づけられ,五・四運動前後の文化運動に対して,新啓蒙運動と呼ばれた。論点は数多いが,日中戦争をひかえて,都市知識人が抗日・救国の民族統一戦線に集約される動きであったといえよう。【川井 悟】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android