新垣栄三郎(読み)あらかき えいさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「新垣栄三郎」の解説

新垣栄三郎 あらかき-えいさぶろう

1921-1984 昭和時代後期の陶芸家。
大正10年5月1日生まれ。家は代々沖縄県那覇市壺屋(つぼや)で陶業に従事浜田庄司,河井寛次郎にまなぶ。戦後,初等学校勤務ののち作陶に専念した。昭和46年琉球大助教授。昭和59年1月20日死去。62歳。台中師範卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android