コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜田庄司 はまだ しょうじ

8件 の用語解説(浜田庄司の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

浜田庄司

陶芸家。神奈川県生。民芸派陶会の名匠。益子焼の向上発展にも尽力した。人間国宝文化勲章受章。昭和53年(1978)歿、83才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はまだ‐しょうじ〔‐シヤウジ〕【浜田庄司】

[1894~1978]陶芸家。神奈川の生まれ。本名、象二。バーナード=リーチに師事し、英国で研究。帰国後は益子(ましこ)焼の向上発展に尽力し、質朴で力強い作風を展開。また、柳宗悦(やなぎむねよし)らと民芸運動を推進した。文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

浜田庄司【はまだしょうじ】

陶芸家。神奈川県生れ。本名象二。京都陶磁器試験場で河井寛次郎とともに研究,この間に富本憲吉,B.リーチ柳宗悦らと親交を深める。1920年―1924年英国に渡り,セント・アイブスリーチとともに制作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜田庄司 はまだ-しょうじ

1894-1978 大正-昭和時代の陶芸家。
明治27年12月9日生まれ。板谷波山(いたや-はざん)に師事。大正9年(1920)バーナード=リーチとともに渡英。帰国後は栃木県益子(ましこ)で益子焼の技法をいかした陶器をつくる。柳宗悦(むねよし)らと民芸運動を推進。昭和30年民芸陶器で人間国宝。43年文化勲章。昭和53年1月5日死去。83歳。神奈川県出身。東京高工(現東京工業大)卒。本名は象二。
【格言など】願は大きく立てよ。立てたら向きは変えるな,あとは非妥協一本槍で行け

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

はまだしょうじ【浜田庄司】

1894‐1978(明治27‐昭和53)
陶芸家。川崎市溝口に生まれる。本名象二。1913年東京府立一中から東京高等工業学校窯業科へ入学,板谷波山に学び,2年先輩の河井寛次郎を知る。卒業後は京都陶磁器試験場に入り,約3年間河井とともに釉薬の試験に専念,この間,富本憲吉バーナードリーチ柳宗悦らと親交,ことに柳の民芸論に共鳴する。20年リーチとイギリスへ渡りセントアイブズで作陶生活に入るが,24年帰国後は栃木県益子町で民芸の世界に没頭,益子が従来使用していた土と7種類の釉薬だけで益子焼を革新し,さらに沖縄の赤絵や会津の磁土を加味した独自の作品を次々と生み出して世界中の陶人に広範な感化を及ぼした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はまだしょうじ【浜田庄司】

1894~1978) 陶芸家。神奈川県生まれ。本名、象二。栃木県益子ましこに住し、日常雑器を主とする益子焼の民芸風な味わいを高めた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浜田庄司
はまだしょうじ

[生]1894.12.9. 神奈川,川崎
[没]1978.1.5. 栃木,益子
陶芸家。本名は象二。 1916年東京高等工業学校窯業科に進み板谷波山に学ぶ。卒業後,京都陶磁器試験所職員となり5年間作陶に専念し,同所で河井寛次郎とともに試験焼を行なう。 1920年 B.リーチとともにイギリスへ渡りセントアイブズに窯を築き,ロンドンで最初の個展を開催。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浜田庄司
はまだしょうじ
(1894―1978)

陶芸家。本名は象二。神奈川県川崎生まれ。15歳のときルノアールことばに触発されて工芸を志し、1913年(大正2)東京高等工業学校窯業科に入学。板谷波山(いたやはざん)に師事し、先輩の河井寛次郎を知る。のち京都市立陶磁器試験場に入所し釉(うわぐすり)の研究を行う。20年、在日中のバーナード・リーチに同行して渡英し親交を深め、24年帰国後、栃木県益子(ましこ)に築窯。同地の陶土や釉薬(ゆうやく)を基本として無作為ともみえる加飾を重厚な器に施した質朴雄勁(ゆうけい)な作風を確立し、35年(昭和10)には独自の様式を完成した。また、大正末期より柳宗悦(むねよし)らと民芸運動を推進し、62年(昭和37)には柳の後を継いで日本民芸館館長に就任。55年には民芸陶器の重要無形文化財保持者に認定され、68年には文化勲章を受章。益子に没。多くの作品は同地の益子参考館に陳列されている。[矢部良明]
『『現代日本陶芸全集7 濱田庄司』(1981・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の浜田庄司の言及

【益子焼】より

…また土地の菊池清蔵を開祖とする説もある。黒羽藩の指定窯とされ,明治になって民営に移ったが,益子焼の名をたかめたのは,1924年に民芸運動の中心的役割を果たした陶芸家,浜田庄司が定住して仕事をはじめたことによる。本来の益子焼はわら灰による白濁釉,銅呈色による緑釉,鉄呈色による褐釉をかけた甕(かめ)・擂鉢(すりばち)・土瓶など日用民具を焼いて,それほど特色はなかったが,現在では食器,飾皿,花瓶など創作性の強い製品をつくっている。…

【リーチ】より

…12年,ある茶会で楽焼に絵付したことが契機となって富本憲吉とともに六代目尾形乾山に入門,16年,師の本窯を譲り受けて千葉県我孫子(あびこ)の柳邸内に築窯,将来陶芸家となることを志し,作陶に専念。20年浜田庄司を伴って帰国し,翌年マージョリ・ホーン夫人の援助でコーンウォールのセント・アイブズに築窯。本格的作家生活に入る。…

※「浜田庄司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浜田庄司の関連キーワード茨城県神栖市溝口神奈川県川崎市高津区溝口岐阜県岐阜市溝口岐阜県岐阜市溝口上岐阜県岐阜市溝口下岐阜県岐阜市溝口中岐阜県岐阜市溝口東兵庫県三田市溝口岡山県総社市溝口福岡県筑後市溝口

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浜田庄司の関連情報