コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新成羽川ダム しんなりわがわだむ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新成羽川ダム
しんなりわがわだむ

岡山県西部、高梁(たかはし)市にあるダム。高梁川支流の成羽川に1968年(昭和43)完成した中国電力の中央越流型コンクリート重力アーチ式で、中国地方有数のダム。発電、工業用水用。高さ103メートル、堤頂289メートル、総貯水量1億2750万トン、有効貯水量8050万トン、最大出力30万3000キロワット。自流併用揚水式発電である。1972年7月水害の際の洪水調節の責任が問われ、下流の被害者と係争事件になった。[由比浜省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

新成羽川ダムの関連キーワード岡山県高梁市笠神の文字岩備中[町]豊松[村]高梁(市)備中和紙成羽川

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android