コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高梁川 たかはしがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高梁川
たかはしがわ

岡山県西部の川。鳥取県境の明地峠付近に発し,南流して新見盆地吉備高原を横断し,倉敷市瀬戸内海に注ぐ。全長 111km。おもな支流に成羽川小田川がある。下流はかつて東西 2川に分かれていたが,1925年一本化された。吉備高原の横断部では石灰岩台地を刻み,井倉峡を形成。高梁川水系には新成羽川ダム小阪部川ダム,河本ダムなどがある。近世には高瀬舟新見まで遡航し,高梁や成羽川の成羽などは河港として発展。下流部には総社市湛井(たたい)の十二ヶ郷用水,倉敷市酒津の東西用水などの取水口があり,岡山平野西半部の農業用水に利用されてきた。今日では新成羽川ダム・河本ダムの水が工業用水として水島工業地域に送水され,笠岡市へも都市用水を送っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たかはし‐がわ〔‐がは〕【高梁川】

岡山県西部の川。鳥取との県境に源を発し、南流して倉敷市で瀬戸内海に注ぐ。長さ111キロ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

高梁川【たかはしがわ】

岡山県西部の川。長さ111km,流域面積2670km2。松山川・高橋川などとも。中国山地の花見山付近に発して南流,中流に井倉峡,阿哲峡を形成する。高梁市で成羽川と合流,総社市からは岡山平野を南流し倉敷市で水島灘に注ぐ。
→関連項目岡山[県]岡山平野総社[市]船穂[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

たかはしがわ【高梁川】

岡山の日本酒。酒名は、岡山三大河川のひとつに由来。すっきりとした辛口の味わいの純米酒。原料米は朝日。仕込み水は中国山地カルスト台地の伏流水。蔵元の「落酒造場」は明治26年(1893)創業。所在地は真庭市下呰部。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかはしがわ【高梁川】

岡山県西部を流れる川。幹川流路延長111km,全流域面積2670km2。流域は一部広島県北東部を含む。古くは川島川,川辺川,松山川と呼ばれていたが,明治になって沿岸の旧城下町松山が高梁と改称されたのにともない,河川名も高梁川となった。新見市北部,鳥取県境にある中国山地の花見山(1188m)に発し,本郷川,小阪部(おさかべ)川,成羽(なりわ)川,小田川などの支流をあわせて倉敷市で水島灘に注ぐ。上流部の中国山地でたたら製鉄が明治期まで行われていたため,大量の土砂が排出され,これが下流の沖積平野の形成を促進した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たかはしがわ【高梁川】

岡山県中西部を流れる川。鳥取県との境、明智峠付近に源を発し、ほぼ南流して水島灘に注ぐ。長さ111キロメートル。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕高梁川(たかはしがわ)


岡山県西部を流れる川。1級河川(高梁川水系)。延長111km。流域面積2670km2。吉井(よしい)川・旭(あさひ)川とともに同県3大河川の一つ。鳥取県境の明地(あけち)峠西方に源を発し、南流して成羽(なりわ)川・小田(おだ)川などを合わせ、倉敷(くらしき)市で水島灘(みずしまなだ)に注ぐ。中流域両岸の吉備(きび)高原は石灰岩台地で井倉(いくら)洞などカルスト地形が点在し、石灰岩鉱山がある。下流域では総社(そうじゃ)市の湛井(たたい)堰から取水された十二ヶ郷(じゅうにかごう)用水が岡山平野西部と児島湾奥の干拓地の灌漑(かんがい)に利用される。成羽(なりわ)川の新成羽川ダムなど支流にはダムが多く建設され、本流では上流に千屋(ちや)ダムがある。河口付近は水島臨海工業地帯

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高梁川
たかはしがわ

岡山県西部を南流して瀬戸内海に注ぐ川。一級河川。県の三大河川の一つで、県西部と広島県東部を流域とする。古くは川島川、川辺(かわべ)川、松山川とよばれたが、明治初期に備中(びっちゅう)松山が高梁と改称されたのに伴い、高梁川となった。鳥取県境の中国山地の花見山(1188メートル)に発し、右岸の神代(こうじろ)川、成羽(なりわ)川、小田川、左岸の小阪部(おさかべ)川、有漢(うかん)川、槇谷(まきだに)川などを合流して瀬戸内海の水島灘(なだ)に注ぐ。延長111キロメートル。流域面積2670平方キロメートル。本流沿岸には上流から新見(にいみ)、高梁、総社(そうじゃ)、倉敷の各市がある。源流付近は谷が浅く広い。明治末期まで鉄穴(かんな)流しによる砂鉄採取が行われ、大量の土砂を下流に流出した。新見盆地に入る前に峡谷をつくり、新見盆地を越えて吉備(きび)高原を横断する部分では谷壁は300メートル以上になる。石灰岩地域では阿哲(あてつ)台、川上台などのカルスト地形、井倉洞、満奇(まき)洞などの鍾乳(しょうにゅう)洞が発達し、成羽川流域には国指定天然記念物の逆断層「大賀(おおが)の押被(おしかぶせ)」(ナップ構造)がある。高梁市南部からは谷底平野を形成し、総社市、倉敷市では広い沖積平野がある。
 舟運は河口から松山までは室町時代末期に開発され、江戸初期には新見まで高瀬舟が通い、大正期の国鉄(現JR)伯備(はくび)線の開通まで続いた。河口の玉島は河川・海上交通の接点として繁栄した。総社市の湛井堰(たたいぜき)、倉敷市酒津の高梁川東西用水合同堰は、歴史的な十二ヶ郷用水、八ヶ郷用水などの取水口で、高梁川の水は遠く児島(こじま)湾の干拓地や笠岡(かさおか)市にまで送水されている。支流には小阪部川・新成羽川・河本(こうもと)などのダムが築造され、本流には1998年(平成10)完成の千屋(ちや)ダム(新見市)がある。河口部の水島臨海工業地域の工業用水も高梁川から供給される。下流部はかつて二つに分かれていたが、明治末期から大正末期にかけて改修工事が行われ、東高梁川は廃され、その廃川敷に現在の倉敷市水島の市街地の立地をみた。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

高梁川の関連キーワード室戸台風の災害復旧橋梁群足守川パイプライン化計画高梁川上流県立自然公園連携中枢都市圏構想岡山県倉敷市水島岡山県倉敷市玉島カルスト地形船穂[町]高梁川舟唄真備[町]賀陽[町]高梁[市]清音[村]富志美盛吉備正宗神龍湖高梁市石灰岩方谷橋干拓地

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高梁川の関連情報