高梁(読み)たかはし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高梁
たかはし

岡山県西部,高梁川中流域の吉備高原にある地区。旧市名。 1954年高梁町と津川 (つがわ) ,川面 (かわも) ,巨瀬 (こせ) ,宇治 (うじ) ,玉川 (たまがわ) ,松原,落合,高倉の8村が合体して市制。 1955年中井村を編入。 2004年 10月,有漢成羽川上備中の4町と合併して新市高梁市となる。中心市街地の高梁は高梁川左岸の小平地にあり,江戸時代は備中松山と呼ばれ,水谷氏 (のち板倉氏) の城下町として形成された。備中松山城臥牛山上にあり,城郭は現存する唯一の山城で,城跡全体は史跡,天守閣は重要文化財。城下町は山麓の藩主居館を中心に階段状に武家屋敷が,その下段の高梁川沿いに町家が造られた。特産品は,経木のほか,モールなどのクリスマス用品,竹すだれなど。吉備高原上の農村部では耕地のほとんどが畑で,ビール麦,タバコを主産物とし,乳牛,肉牛を飼育する。頼久寺には小堀遠州作の名園 (名勝) ,落合地区には山中幸盛の墓がある。8月の盆踊りは松山踊りとして有名。臥牛山のサル生息地は天然記念物。臥牛山一帯は高梁川上流県立自然公園に属する。備中神楽は重要無形民俗文化財。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

たかはし【高梁】

岡山県中西部、高梁川中流域の市。板倉氏の旧城下町。また、高梁川水運の要地として繁栄。明治初年まで松山と称した。山城の松山城がある。 → 松山城

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たかはし【高梁】

岡山県中西部の地名。高梁川の中流域にある。明治二年(一八六九)までは松山と称した。中世には守護が置かれ、江戸時代は板倉氏五万石の城下町として栄えた。臥牛山頂の松山城は、日本最高所(標高四六〇メートル)にある山城として知られる。頼久寺(らいきゅうじ)がある。昭和二九年(一九五四)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高梁の関連情報