定家(読み)テイカ

世界大百科事典 第2版の解説

ていか【定家】

能の曲名。三番目物金春(こんぱる)禅竹作か。シテは式子(しきし)内親王の霊。旅の僧(ワキ)が都の千本(せんぼん)の辺で時雨にあい,雨宿りをしていると,そこへ若い女(前ジテ)が現れて,ここは藤原定家(ふじわらのさだいえ)が建てた時雨の亭(しぐれのちん)だと教え,昔を懐かしむかにみえる。女はさらに僧を式子内親王の墓に案内する。もと賀茂の斎院だった内親王は,定家との世を忍ぶ恋が世間に漏れたため,二度と会えないようになったが,定家の思いは晴れず,内親王の死後もつる草となって内親王の墓にまといつき,内親王の魂もまた安まることがなかったと女は物語り(〈語リ・クセ〉),自分こそその式子内親王だが,今の苦しみを助けてほしいといって墓の中に消える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ていか【定家】

能の一。三番目物。金春禅竹こんぱるぜんちく作。古名、定家葛かずら。旅の僧の前に式子内親王の霊が現れ、藤原定家の執拗な愛情が死後葛となって墓石にからみついていると語る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

定家
ていか

能の曲目。三番目・鬘(かずら)物。五流現行曲。古くは「定家葛(ていかかずら)」とも。金春禅竹(こんぱるぜんちく)作。『新古今和歌集』を代表する歌人、式子(しょくし)内親王と、藤原定家との間に秘密の恋があったとする設定である。抑圧された恋の執心を描いて、深刻、かつもっとも優れた能の作品。旅の僧(ワキ・ワキツレ)が都に着き、おりからの時雨(しぐれ)に、一つの庵(いおり)に立ち寄る。女(前シテ)が呼びかけ、そこが定家の時雨亭(しぐれのちん)の旧跡と教え、荒れ果てた情景を描写する。やがて女は式子内親王の墓の前に僧を導き、弔いを頼む。2人の恋が世に知られ、会うことのできなくなった抑圧はあの世まで持ち越され、定家の執心は死後も葛となって墓を覆っている。女は尽きることのない互いの苦しみを救ってほしいと訴え、自分がその亡霊と名のって墓に消える。僧の祈りに、内親王の亡霊(後(のち)シテ)の姿が浮かび、経文の功徳(くどく)で葛の呪縛(じゅばく)から解かれたことを喜び、重い足を引きつつ報恩の舞をまうが、ふたたびその墓は定家葛に覆われて暗い結末で終わる。品位と陰惨さの重層の表現が至難で、重く扱われる能である。前シテも若い姿か、中年の扮装(ふんそう)にするか、後シテもやせ衰えた姿か、内親王の品格を主眼とするか、さまざまの演出の主張がある。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定家の関連情報