二条為明(読み)にじょう ためあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二条為明 にじょう-ためあき

1295-1364 鎌倉-南北朝時代の公卿(くぎょう),歌人。
永仁(えいにん)3年生まれ。二条為藤の子。歌壇の中心人物として活動し,後光厳(ごこうごん)天皇から「新拾遺和歌集」の撰集を命じられたが,撰の途中で死去した。歌は「続(しょく)千載和歌集」などにある。正三位,権(ごんの)中納言。貞治(じょうじ)3=正平(しょうへい)19年10月27日死去。70歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android