コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頓阿 とんあ

美術人名辞典の解説

頓阿

南北朝時代の歌人・僧。下野守二階堂光貞の子。俗名は貞宗、法号は泰尋・感空。和歌を二条為世に学ぶ。吉田兼好・浄弁・慶雲とともに、和歌四天王と称された。二条為明が業半ばで歿した『新拾遺集』の撰集を継いで完成させた。また歌学者『愚問賢註』『井蛙抄』家集『草庵集』等の著がある。応安5年(1372)寂、84才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

頓阿【とんあ】

鎌倉・南北朝期の歌人。〈とんな〉とも。俗名二階堂貞宗。武家の出。24歳ごろ出家。和歌を二条為世に学び,《新拾遺集》撰定にあずかった。二条派の代表歌人。兼好・浄弁・慶雲と合わせ和歌四天王と呼ばれた。
→関連項目雑談二条家(歌の家)二条良基吉田兼好

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頓阿 とんあ

1289-1372 鎌倉-南北朝時代の僧,歌人。
正応(しょうおう)2年生まれ。京都金蓮(こんれん)寺(時宗)の真観(初代浄阿)の門下となる。二条為世(ためよ)にまなび,為世門の和歌四天王のひとりといわれた。二条為明の没後「新拾遺和歌集」の撰集をひきつぎ完成させた。応安5=建徳3年3月13日死去。84歳。俗名は二階堂貞宗。別号に泰尋,感空。著作に「愚問賢註」「井蛙(せいあ)抄」など。
【格言など】春のよの明行くままに山のはのかすみのおくぞ花に成りゆく(「草庵集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

頓阿

没年:応安5/文中1.3.13(1372.4.17)
生年:正応2(1289)
南北朝時代の歌人。「とんな」ともいう。家系には異説もあるが,俗名は二階堂貞宗。比叡山で出家,高野山に修行し,のち時衆となる。二条為世門の和歌四天王に数えられ,足利尊氏・直義の信任も厚く,貞治2/正平18(1363)年の歌論書『愚問賢注』は二条良基の問いに答えたもの。翌年『新拾遺集』編纂の折,選者二条為明 が業なかばで病没すると,そのあとをうけて完成させた。平明温雅な歌風は,室町・江戸時代を通じて二条派,堂上派和歌の規範となる。歌論書『井蛙抄』,紀行『高野日記』,家集『草庵集』『続草庵集』『頓阿法師詠』があり,『続千載集』以下の勅撰集に44首入集。<参考文献>井上宗雄『中世歌壇史の研究―南北朝期―』

(三角洋一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とんあ【頓阿】

1289‐1372(正応2‐文中1)
鎌倉・南北朝期の僧侶,歌人,歌学者。〈とんな〉ともいう。俗名二階堂貞宗。京都の人。二条為世に師事し,その没後も二条宗家に仕えた。《新拾遺和歌集》の撰の途中で没した二条為明を継いで同集を完成した。兼好,浄弁,慶雲とともに,和歌四天王と称される。家集に《草庵集》《続草庵集》,歌学書に《井蛙(せいあ)抄》や二条良基と問答形式の《愚問賢註》などがある。〈月宿る沢田の面にふす鴫の氷より立つ明方の空〉(《続草庵集》)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とんあ【頓阿】

1289~1372) 南北朝時代の歌人。俗名、二階堂貞宗。下野守光貞の子。和歌を冷泉為世に学び、為世没後も二条派の平明温雅な歌風を守り、同派中興の歌人とされる。和歌四天王の一人。「新拾遺和歌集」の撰に参与。家集「草庵集」、著書「愚問賢註」「井蛙せいあ抄」など。「続千載和歌集」以下の勅撰集に四六首入集。

とんな【頓阿】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頓阿
とんあ

[生]正応2(1289)
[没]文中1=応安5(1372).3.13. 京都
南北朝時代の僧侶,歌人。俗名,貞宗。父は二階堂光貞。 20歳前後に出家して比叡山で修学,のち四条道場金蓮寺に出入りした。東山双林寺に住んだこともあるが,晩年は洛西の蔡花園 (さいけえん) に住んだ。二条為世の門弟で和歌四天王の一人。建武2 (1335) 年の『内裏千首歌』,興国5=康永3 (44) 年の『高野山金剛三昧院奉納和歌』,正平 22=貞治6 (67) 年の『新玉津島歌合』その他多くの歌会,歌合に参加。勅撰集『新拾遺和歌集』は撰集なかばで撰者二条為明が死去したので,頓阿がその業を継ぎ完成させた。『続千載集』以下の勅撰集に 44首入集。家集『草庵集』,『続草庵集』 (66?) ,『頓阿法師詠』 (57) のほか,数種の百首歌が伝存する。また歌学書『井蛙抄』 (6巻,60~63) がある。『愚問賢註』は二条良基の問いに頓阿が答えた良基の聞き書きである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の頓阿の言及

【性悪説】より

…中国,荀子の倫理説の中心概念。《荀子》の〈性悪篇〉には〈人の性は悪なり,その善なる者は偽なり〉と説く。偽とは,作為のことで,後天的努力をいう。人は無限の欲望をもち,放任しておけば他人の欲望と衝突して争いを起こし,社会は混乱におちいるであろう。放任しておくと悪にむかう人の性,それは悪といわざるをえない。性の悪なる人間を善に導くためには,作為によって規制しなければならない。先王が礼を作ったのは,人の欲望を規制して社会に秩序を確保するためであった。…

【草庵集】より

…南北朝時代の頓阿の家集。10巻,約1440首。…

【真葛原】より

…《新古今和歌集》巻十一に〈わが恋は松をしぐれの染めかねて真葛原に風騒ぐなり〉の歌を残す慈円は青蓮院門跡であった。文人の愛好した地で,双林寺境内に西行庵があり,ここで没した頓阿の像とともに西行像が安置される。平康頼の山荘も双林寺付近にあり,そこで《宝物集》を著したという。…

【頓阿】より

…鎌倉・南北朝期の僧侶,歌人,歌学者。〈とんな〉ともいう。俗名二階堂貞宗。京都の人。二条為世に師事し,その没後も二条宗家に仕えた。《新拾遺和歌集》の撰の途中で没した二条為明を継いで同集を完成した。兼好,浄弁,慶雲とともに,和歌四天王と称される。家集に《草庵集》《続草庵集》,歌学書に《井蛙(せいあ)抄》や二条良基と問答形式の《愚問賢註》などがある。〈月宿る沢田の面にふす鴫の氷より立つ明方の空〉(《続草庵集》)。…

※「頓阿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

頓阿の関連情報