コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新村忠雄 にいむら ただお

1件 の用語解説(新村忠雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新村忠雄 にいむら-ただお

1887-1911 明治時代の社会運動家。
明治20年4月26日生まれ。新村善兵衛の弟。週刊「平民新聞」をよんで社会主義思想にふれ,幸徳秋水を知る。明治43年宮下太吉らと天皇暗殺をはかったとして大逆罪で起訴され,44年1月24日処刑された(大逆事件)。25歳。長野県出身。号は秋峰。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の新村忠雄の言及

【大逆事件】より

… 判決によると,1908年6月の赤旗事件で社会主義者が弾圧されたのち,その報復のため幸徳は大石誠之助,森近運平,のちに松尾卯一太も加えて〈諸方衙を焼毀し,当路の顕官を殺し,且つ宮城に迫りて大逆罪を犯す〉との陰謀を企てた。また別に幸徳,管野は,宮下,新村忠雄,古河力作が09年2月以来爆弾を試作し,大逆の計画をもっているのを知り,〈爆裂弾を以て大逆罪を犯し革命の端を発せん〉ことを協議した。さらに内山愚童は09年1月に幸徳,管野を訪ね〈皇太子殿下を指斥し,弑逆を行ふべき旨〉と〈爆裂弾あれば身命を抛て革命運動に従事すべき意思〉を告げ,準備をすすめた。…

※「新村忠雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新村忠雄の関連キーワード社会運動運動家伊串英治浦田武雄小笠原長孝緒方貞代小田頼造木本凡人佐々木道元松尾卯一太

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone