コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平民新聞 へいみんしんぶん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平民新聞
へいみんしんぶん

明治後期に刊行された週刊および日刊の社会主義新聞。日露戦争直前の 1903年,黒岩涙香の『万朝報』の記者として非戦論を唱えていた幸徳秋水堺利彦らは,黒岩が開戦論に転じたため退社。 11月 15日に平民社を設立し,同日付で週刊『平民新聞』を創刊した。『共産党宣言』の日本初の翻訳が掲載された創刊1周年記念号は発行禁止となった。そして繰返し政府の弾圧を受けたあげく,マルクスの『新ライン新聞』の終刊号にならって,全紙赤刷りとし 1905年1月 29日の第 64号で廃刊した。その後,1907年1月 15日から平民社は機関紙として日刊『平民新聞』を創刊した。日本社会党の機関紙という性格もあったが,幸徳らの直接行動派と片山潜ら議会政策派との内部分裂,2月の結社の禁止による日本社会党の解党,弾圧などの理由で,4月 14日の第 75号で廃刊した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

へいみんしんぶん【平民新聞】

平民社が発行した週刊新聞。明治36年(1903)創刊。同38年廃刊。同40年に平民社の再建とともに日刊紙として再刊されたが、3か月で廃刊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

平民新聞【へいみんしんぶん】

(1)明治末期の週刊新聞。平民社の機関紙。日露戦争に関して黒岩涙香と対立し《万朝報》を去った幸徳秋水堺利彦により,1903年11月創刊。1905年1月廃刊。自由・平等・博愛を人間生存の三大要素と宣言,社会主義と日露開戦反対を高唱。
→関連項目荒畑寒村石川三四郎小川芋銭直言日露戦争反戦運動非戦論森近運平

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へいみんしんぶん【平民新聞】

明治末期に発行された週刊および日刊の新聞。(1)週刊《平民新聞》 1903年11月15日,日露戦争に反対して《万朝報》を退社した幸徳秋水と堺利彦によって創刊された。後に石川三四郎,西川光二郎らが参加したほか,安部磯雄加藤時次郎木下尚江,斯波貞吉らが社外から協力した。創刊の宣言でみずからの主義として〈平民主義,社会主義,平和主義〉を掲げ,新聞は〈満天下の同主義者が公有の機関〉と自己規定している。いまだ無定型の状態にあった初期社会主義運動は,この新聞の媒介する交流関係によって運動面でも思想面でも自己形成していった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

へいみんしんぶん【平民新聞】

1903年(明治36)、平民社が創刊した週刊新聞。1905年廃刊。1907年一月、日刊新聞として再刊したが、政府の弾圧により同年四月廃刊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平民新聞
へいみんしんぶん

明治後期、東京で発刊された社会主義新聞。日露開戦に反対した幸徳秋水(こうとくしゅうすい)、堺利彦(さかいとしひこ)が、反戦の立場を貫くために1903年(明治36)11月15日創刊した(週刊)。自由、平等、博愛を基本とし、平民主義、社会主義、平和主義を唱えた。石川三四郎、西川光二郎(みつじろう)らが在社、木下尚江(なおえ)らも応援したが、第20号の社説「嗚呼(ああ)増税」で堺が2か月の軽禁錮に処せられたのをはじめ、一周年記念号に「共産党宣言」を訳載して発禁を受けるなど、罰金、発売頒布禁止が続き、最後には印刷所国光(こっこう)社の印刷機械も没収されたため、05年1月29日の第64号を、マルクス・エンゲルスの『新ライン新聞』の終刊にちなんで赤刷りとし、廃刊した。その後、後継紙が相次いだが、07年1月15日、石川、西川、竹内兼七(かねしち)、幸徳、堺らによって、日刊の『平民新聞』が創刊された。しかし、内部の思想的対立、ならびに発売頒布停止処分による経営難に加えて、第63号の「青年に訴ふ」が朝憲紊乱(びんらん)罪で編集人、印刷人、筆者が起訴されたこともあり、4月14日第75号をふたたび全紙赤刷りにして廃刊した。[春原昭彦]
『林茂・西田長寿編『平民新聞論説集』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の平民新聞の言及

【日本社会党】より

…同党は規約第1条で〈本党は国法の範囲内に於て社会主義を主張す〉とうたい,1901年の社会民主党平民社の議会主義的立場を継承し,結党以前から刊行されていた《光》が機関紙となった。結党後,電車運賃値上げ反対運動などを展開したが,同年6月にアメリカから帰国した幸徳秋水が議会主義路線に疑問を投じ直接行動論に転じたため,翌07年1月15日から刊行された日刊《平民新聞》に両論をめぐる議論が展開され,2月17日の第2回大会は幸徳の直接行動論と田添鉄二の議会主義論の対立で激論の場となった。西園寺公望内閣は幸徳らの主張が過激との理由で同月22日に党の結社を禁止し,4月14日には《平民新聞》も廃刊に追い込まれた。…

【平民社】より

…日清戦争後,日本の朝鮮進出と軍事力の強化の中で日露関係は切迫し,対露同志会や七博士の対露強硬意見書(七博士建白事件)が口火となり各新聞論調も挙国一致・主戦に傾いていった。1903年10月堺利彦と幸徳秋水は〈退社の辞〉を掲げて《万朝報》と決別し,約1ヵ月後《平民新聞》(週刊)を発行した。創刊号で〈平民主義,社会主義,平和主義の理想郷に到達せしむるの一機関〉と宣言し,世論に向かって日露非戦の活動を開始した。…

※「平民新聞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平民新聞の関連キーワード徳永 保之助山辺 清太郎小島竜太郎森近 運平斎藤兼次郎田添 鉄二加藤和一郎新村 忠雄小野 有香武田 九平山辺清太郎宮下太吉新村忠雄青柳藤作武田九平大塚甲山山口孤剣中里介山田添鉄二金井正

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平民新聞の関連情報