コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新潟・延命寺遺跡 にいがたえんめいじいせき

知恵蔵の解説

新潟・延命寺遺跡

土地貸借を役所が確認するシステムである最古の「売券木簡」が2007年9月に判明した新潟県上越市遺跡。長さ約49cm、幅5cmで、天平7(735)年の日付や貸し主・物部鳥丸、賃貸料、署名に当たる役人の田領名などが墨書されていた。この遺跡からはこれまでにも、暦の一部や僧への稲運搬指令書などの木簡が見つかっており、飛鳥時代以来の集落や役所の跡とみられる。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android