コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新生児集中治療室 しんせいじしゅうちゅうちりょうしつ

妊娠・子育て用語辞典の解説

しんせいじしゅうちゅうちりょうしつ【新生児集中治療室】

低出生体重児や病気の子など、重い新生児を集中的に治療・ケアする部門。英語では「Neonatal Intensive Care Unit」でNICUと略されます。新生児科医が担当しており、赤ちゃんは保育器の中で24時間態勢でケアされます。NICUを備えた病院はそう多いわけではなく、ベッド数にも限りがあります。また地域によって施設数にバラツキがあります。分娩後、赤ちゃんだけがNICUに搬送されることもあります。多胎妊娠など赤ちゃんが小さく生まれる可能性の高いときなどはNICUを備えた病院または搬送システムが整った病院を選ぶことが重要です。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新生児集中治療室
しんせいじしゅうちゅうちりょうしつ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

新生児集中治療室の関連キーワード慢性の病気をもつ人の妊娠、出産の注意奈良県立医大病院周産期センター周産期医療情報ネットワーク総合周産期母子医療センターお産と新生児医療の体制周産期母子医療センター看護師不足でベッド削減新生児ドクターカー未熟児の育て方周産期医療施設カンガルーケア早期母子接触未熟児保育周産期医療タッチケア新生児病床危急新生児前期破水発達ケアGCU

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新生児集中治療室の関連情報