コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新生新派 しんせいしんぱ

百科事典マイペディアの解説

新生新派【しんせいしんぱ】

新派俳優の花柳章太郎柳永二郎大矢市次郎伊志井寛らによって,1938年結成された劇団。停滞する新派劇にあきたらず大衆的な現代劇樹立をめざし,文芸作品の脚色物のほか,川口松太郎の諸作で観客に迎えられたが,1952年その活動を終えた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の新生新派の言及

【新派】より

…これが大当りして続編,続々編,外編と重ねて上演されることとなったが,この芝居によって〈新派〉は〈花柳界の男女を写実的に表現する演劇〉という定評をつくったともいえる。また三頭目と共演してきた花柳らは,38年10月に〈新生新派〉として独立する道を選び,川口一郎《島》,久保田万太郎《萩すすき》,真船豊《太陽の子》,あるいは《雁》《歌行灯》の脚色と,文芸物に力を入れつつ,また劇団の主事となった川口松太郎(1899‐1985)の《風流深川唄》《明治一代女》《鶴八鶴次郎》などを上演して大当りをとった。新生新派に去られた河合,喜多村,小堀,藤村,英,梅島昇らは〈本流新派〉と呼ばれ(1942年3月の河合の死で〈劇団新派〉と改称),ときに芸術座の水谷との共演も行った。…

※「新生新派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

新生新派の関連キーワード市川 翠扇(3代目)瀬戸 英一(2代目)瀬戸英一(2代)杵屋 栄津五郎花柳 章太郎大矢 市次郎春本 泰男伊志井 寛望月 優子山口 正夫平野 友寿森赫子