コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川口松太郎 かわぐち まつたろう

7件 の用語解説(川口松太郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

川口松太郎

小説家・劇作家。東京生。久保田万太郎に師事。『風流深川唄』『鶴八鶴次郎』『明治一代女』で第一回直木賞受賞。また『愛染かつら』『新篇丹下左膳』などで人気を博する。芸術院会員。昭和60年(1985)歿、85才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かわぐち‐まつたろう〔かはぐちまつタラウ〕【川口松太郎】

[1899~1985]小説家・劇作家。東京の生まれ。「鶴八鶴次郎」「風流深川唄」「明治一代女」で第1回直木賞受賞。映画・演劇界でも活躍。小説「新吾十番勝負」「愛染かつら」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

川口松太郎【かわぐちまつたろう】

小説家,劇作家。東京浅草生れ。久保田万太郎に師事。《鶴八鶴次郎》《風流深川唄》などで1935年第1回直木賞。《愛染かつら》《蛇姫様》《新吾十番勝負》などの大衆小説を書いて流行作家となった。
→関連項目雨月物語(映画)オール読物新生新派文芸倶楽部

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川口松太郎 かわぐち-まつたろう

1899-1985 昭和時代の小説家,劇作家。
明治32年10月1日生まれ。久保田万太郎に師事。のち小山内薫(おさない-かおる)門下となる。昭和10年「鶴八鶴次郎」「明治一代女」などで第1回直木賞。戦後,大映の専務となる。38年新派を育成した功績で菊池寛賞。44年「しぐれ茶屋おりく」で吉川英治文学賞。48年文化功労者。芸術院会員。妻は女優三益愛子。昭和60年6月9日死去。85歳。東京出身。作品はほかに「新吾十番勝負」「愛染(あいぜん)かつら」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

かわぐちまつたろう【川口松太郎】

1899~1985) 小説家・劇作家。東京生まれ。1935年(昭和10)第一回直木賞受賞。市井の人情話に定評があり、新派の育成にも尽力。代表作「鶴八鶴次郎」「明治一代女」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川口松太郎
かわぐちまつたろう

[生]1899.10.1. 東京
[没]1985.6.9. 東京
小説家,劇作家,演出家。 16歳で久保田万太郎に師事,さらに講釈師悟道軒円玉の家に住込み,江戸文芸と漢詩を学んだ。 1934年『鶴八鶴次郎』で菊池寛に認められ,『明治一代女』 (1935) などで第1回直木賞を受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川口松太郎
かわぐちまつたろう
(1899―1985)

小説家、劇作家、演出家。明治32年10月1日、東京・浅草生まれ。警察署の給仕、郵便局の電報係などを勤め、少年時代から世の辛酸をなめた。1915年(大正4)久保田万太郎に師事。その後、講釈師の悟道軒円玉のもとに住み込み、口述筆記手伝いのかたわら、江戸の庶民文学や漢詩文を学んだが、これが後年、作品を執筆するうえに独自の話術の妙を発揮する下地となった。23年、小山内薫(おさないかおる)門下生となり、戯曲を書き、関東大震災後は大阪で直木三十五(さんじゅうご)らとプラトン社発行の雑誌『苦楽』の編集に従事した。34年(昭和9)発表の『鶴八鶴次郎』が菊池寛に激賞され、翌年『風流深川唄(うた)』や『明治一代女』などで第1回直木賞を受賞。これらの3作に代表される芸道物、『女人武蔵』(1964~65)、『新吾十番勝負』(1957~59)などの時代物、『愛染(あいぜん)かつら』(1937~38)、『夜の蝶(ちょう)』(1957)などの現代風俗物、『飯と汁』(1960)、『破れかぶれ』(1965)などの自伝的作品などは、いずれも独自の「語りべ」口調で、庶民的心情をとらえた代表作である。また、40年からは花柳(はなやぎ)章太郎らの新生新派の主事となって脚本執筆、演出にあたり、以後一貫して新派の伝統保存と育成に力を注ぎ、その功績で菊池寛賞を受賞した(1963)。65年(昭和40)には芸術院会員に選ばれ、69年『しぐれ茶屋おりく』で吉川英治文学賞を受賞、73年には文化功労者となった。昭和60年6月9日没。夫人は女優の三益(みます)愛子(1910―82)。[磯貝勝太郎]
『『川口松太郎全集』全16巻(1968~69・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の川口松太郎の言及

【愛染かつら】より

…川口松太郎(1899‐1985)の長編現代小説。1937‐38年《婦人俱楽部》に連載。…

【雨月物語】より

…《西鶴一代女》の1952年ベネチア映画祭国際賞受賞に次いで翌年同映画祭銀獅子賞を受賞し,溝口の名を国際的に高めた。上田秋成の《雨月物語》の中の〈浅茅が宿〉と〈蛇性の淫〉に,モーパッサンの短編小説《勲章》を加えて川口松太郎が小説化したものから,依田義賢と川口が共同で脚本を書いた。溝口は上田秋成の原作を愛読していて,〈この物語の中からさまざまな幻想が頭の中に浮かび,できた映画〉だと書き残している。…

【新派】より

…これが大当りして続編,続々編,外編と重ねて上演されることとなったが,この芝居によって〈新派〉は〈花柳界の男女を写実的に表現する演劇〉という定評をつくったともいえる。また三頭目と共演してきた花柳らは,38年10月に〈新生新派〉として独立する道を選び,川口一郎《島》,久保田万太郎《萩すすき》,真船豊《太陽の子》,あるいは《雁》《歌行灯》の脚色と,文芸物に力を入れつつ,また劇団の主事となった川口松太郎(1899‐1985)の《風流深川唄》《明治一代女》《鶴八鶴次郎》などを上演して大当りをとった。新生新派に去られた河合,喜多村,小堀,藤村,英,梅島昇らは〈本流新派〉と呼ばれ(1942年3月の河合の死で〈劇団新派〉と改称),ときに芸術座の水谷との共演も行った。…

【鶴八鶴次郎】より

…川口松太郎作の短編小説。《オール読物》1934年10月号に発表。…

【直木賞】より

…純文学に与えられる芥川賞と並称される。第1回は川口松太郎の《風流深川唄》など一連の作が受賞した。同じ新人賞である芥川賞に比べると,直木賞のほうが文学的閲歴が考慮される。…

【明治一代女】より

…川口松太郎(1899‐1985)の短編小説。《オール読物》1935年9~12月号に連載発表。…

※「川口松太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

川口松太郎の関連キーワード川崎長太郎桜田常久浅見淵川名完次古木鉄太郎島本久恵摂津茂和寺崎浩野沢純横山美智子

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川口松太郎の関連情報