コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大矢市次郎 おおやいちじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大矢市次郎
おおやいちじろう

[生]1894.2.11. 東京
[没]1972.5.28. 東京
新派俳優。 1907年伊井蓉峰一座で子役として初舞台を踏む。その後伊井門下の藤井六輔の弟子となったが,23年『不如帰 (ほととぎす) 』の博多公演で伊井に認められ,その直門に加えられた。 39年花柳章太郎らと新生新派を結成。川口松太郎作『明治一代女』の巳之吉など特異な脇役で真価を発揮,やがて独特の風貌と声が珍重されて,新派を支える中心俳優の一人となった。ほかに『婦系図』のめの惣,『鶴八鶴次郎』の佐平,『日本橋』の五十嵐伝吾などが当り役。 62年日本芸術院賞受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大矢市次郎 おおや-いちじろう

1894-1972 大正-昭和時代の舞台俳優。
明治27年2月11日生まれ。14歳で藤井六輔の門弟となり,藤川栄六を名のった。大正13年伊井蓉峰(ようほう)の直弟子となる。昭和14年花柳(はなやぎ)章太郎らとともに新生新派を結成。しぶい演技に定評があった。当たり役に「明治一代女」の巳之吉など。昭和47年5月28日死去。78歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大矢市次郎
おおやいちじろう
(1894―1972)

俳優。本名同じ。東京・浅草生まれ。14歳で新派俳優藤井六輔(ろくすけ)の門下となり、真砂(まさご)座で初舞台を踏む。以後地方の芝居を転々としたが、1924年(大正13)伊井蓉峰(ようほう)に認められ東京の新派に入り、脇役(わきやく)としての地位を築いた。38年(昭和13)花柳(はなやぎ)章太郎とともに新生新派を結成、風格のある演技は新派に不可欠のものであった。『浪花女(なにわおんな)』『風流深川唄(うた)』で花柳の相手役を勤めたほか、当り役に『明治一代女』の己之吉(みのきち)、『大寺(おおでら)学校』の大寺校長などがある。[菊池 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大矢市次郎の言及

【新派】より

…すでに10年に井上正夫は〈新時代劇協会〉をおこしG.B.ショーの《馬盗人》などを上演して新境地を開こうとしていたし,13年には河合武雄が〈公衆劇団〉を結成,また文壇を追われた真山青果が松竹に入社して,亭々生の名で《黒髪物語》や《雲のわかれ路》の作品を作り〈新派〉を支えようとした。16年に高田と秋月,17年に藤沢が没し,〈新派〉は伊井,河合,喜多村のいわゆる〈三頭目時代〉となったが,21年に若い花柳(はなやぎ)章太郎が藤村秀夫,小堀誠,武田正憲,柳永二郎,松本要次郎,大矢市次郎,伊志井寛らと研究劇団として〈新劇座〉を結成,有島武郎《ドモ又の死》や秋田雨雀《国境の夜》の上演をしたり,また井上が《酒中日記》《平将門》を上演するなど一部で意欲的な活動はあったものの,全般には映画や新国劇の人気に押されがちで低調だった。なお,24年にもともと新劇から出発した水谷八重子を中心にした第2次芸術座ができて,27年に本郷座で藤森成吉《何が彼女をさうさせたか》を上演,以降松竹と提携して,いわゆる〈新派〉の一角に加わってきた。…

※「大矢市次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大矢市次郎の関連キーワード新・平家物語山口 正夫河村 黎吉名刀美女丸獅子の座昭和時代新派劇歌行燈菊池

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android