コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新納久修 にいろひさなが

1件 の用語解説(新納久修の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新納久修
にいろひさなが

[生]天保3(1832).4.15. 鹿児島
[没]1889.12.10. 鹿児島
幕末の薩摩藩の重臣。本名中三。島津氏の一門。藩の兵制改革に貢献して藩大目付に進んだ。慶応1 (1865) 年藩士を引率して密航渡欧し,翌年帰藩。新政府では外国掛,裁判官を歴任した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

新納久修の関連キーワード雪華図説ヘンリー鼠小僧堀田正敦オソン[1世]市川団十郎ロマンティック・バレエポワント長瀬産業大鳥圭介

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone