コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一門 いちもん

5件 の用語解説(一門の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一門
いちもん

平安時代末期以降の武士社会における血族組織。一族,一宗,一流,家門などともいう。本家と分家とから成り,分家は経済的には本家から独立していたが,軍事的には一門の首長である本家の家督の支配下にあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いち‐もん【一門】

同じ家系、または、同じ家族の人々。一族。一家。「藤原一門
仏教などで同じ宗派の人々。「天台一門
学問・武道・芸能などで、同じ師匠や指導者をいただく人々。「芭蕉一門
特に大相撲の世界で、名力士の指導を受けた親方力士の作る集団。出羽海一門、二所ノ関一門、時津風一門、高砂一門、立浪一門の五つ。
[補説]日本相撲協会の理事選挙は各一門ごとに推薦者数を配分するのが従来のやり方。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

防府市歴史用語集の解説

一門

血がつながった一族のことです。

出典|ほうふWeb歴史館
防府市歴史用語集について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いちもん【一門】

平安時代の中ごろ以降,中央貴族や武士層の族的結合を示す表現として広く用いられた。一門のほかに一族,一家,一流,門葉,家門など,さまざまな呼称が存在するが,これらの呼称の間にそれほど厳密な区別があるとは考えられない。ただ概していえば,一族という語が,先祖開発の所領に対する共同知行集団とみることができ,それだけに,その族員の分布地域も比較的せまく限られるのに対して,この一門という語は,ある共通の先祖をもつ子孫の人々が,土地所有の枠にとらわれることなく形成している血縁集団,ないし擬制血縁集団そのものの意味で用いられることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いちもん【一門】

一家族、または一族。 「平家-」 「 -の名折れ」
同じ宗門。また、その人々。 「縁あって易行いぎようの-に入る」
学問・武道・芸能などで、同じ師の流れをくむ人たち。同門。 「本居-の学者たち」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の一門の言及

【家格】より

…他方,中世社会の担い手である武士領主層の場合については,平安時代の後半(11世紀中ごろ)からの大開発の時代における彼らの所領獲得が,そのきっかけになったとみるべきだろう。彼らは開発領地に本宅を構え,その本宅の地名を名(苗)字にいただき,その一族一門としての団結を固めていったが,その一族一門は,やがてそれぞれの開発所領規模の大きさに応じて,一定の社会的位置づけを地域社会で付与される方向に向かったのである。したがって,中央貴族,武士いずれの場合も,一族一門の生活源たる家業や所領の獲得こそが,家格観念を生み出してくる最大の条件にほかならないが,それはやがて,より有力な人物を主君にいただき,その政治的な保護を受けることにより,さらに安定化する道をたどった。…

※「一門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一門の関連情報