コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選挙法改正 せんきょほうかいせい

2件 の用語解説(選挙法改正の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せんきょほうかいせい【選挙法改正】

歴史上の用語としては,19世紀から20世紀にかけてイギリスで行われた数次の選挙法の改正をいう。イギリスは議会制度の母国といわれ,その歴史は中世にまでさかのぼる。議会は,11世紀から14世紀にかけて国王から直接授封された封建諸侯の会議として生まれ,国王の諮問議会として機能した15,16世紀の絶対王政期を経た後,17世紀の市民革命(ピューリタン革命名誉革命)によって,近代的主権議会の地位を獲得した。だが,この近代的主権議会も,実質は,市民革命の結果,支配階級となった地主階級(貴族とジェントリー)の寡頭的な政治機関の域を出るものではなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

選挙法改正
せんきょほうかいせい
parliamentary reform

イギリス議会(下院)の選挙制度の改革。通例は19世紀に行われた三度の改革をさす。下院の選挙制度は中世に定められて以来、近代に入ってもほとんど変更が加えられなかったため、いろいろと不合理な点が出てきた。その是正を求める議会改革運動が、産業革命とほぼ時を同じくして18世紀後半から開始された。とくに大きな問題とされたのは、中世に繁栄して議席を与えられた都市が近代になって衰退して人口が減少したにもかかわらず選挙区であり続ける(腐敗選挙区といわれる)一方、急速な成長を遂げたマンチェスターバーミンガムといった産業都市に議席が配分されていないことであった。また都市選挙区(バラ)では選挙資格がまちまちで、選挙区によっては有権者が極端に制限されていて、相当富裕な市民も投票できないという事態が生じていた。18世紀の末からホイッグ党は改革を主張していたが、トーリー党の反対にあって実現をみなかった。[青木 康]

第1回

1830年にホイッグ党のグレーが首相となり、32年に第1回の選挙法改正が実現した。これにより多くの腐敗選挙区は議席を失い、その議席が人口の多い州と、それまで議席を与えられていなかった新興の都市に配分された。もう一つの重要な変更は、都市選挙区における選挙資格が統一され、年価値10ポンド以上の建物を占有する所有者と借家人が有権者となったことである。また州選挙区では、年価値10ポンド以上の土地の所有者、謄本保有者と、50ポンド以上の土地の借地人が有権者とされた。なおこの改正に伴って有権者の選挙人名簿への登録が始まったことは、政党の地方組織の発達を促した。こうして中流階級の多くは有権者となったが、取り残された中流階級の下層と労働者階級は、1830年代後半から40年代にかけてチャーティスト運動を展開し、よりいっそうの改革を要求した。しかし彼らの要求はすぐには実現しなかった。[青木 康]

第2回

第2回の選挙法改正は、1867年に保守党のディズレーリの手で行われた。議席の再配分のほか、州と都市のいずれにおいても選挙資格が拡大され、とくに都市選挙区ではほとんどの戸主が有権者となり、労働者階級も選挙権を得た。有権者は倍近くに増えて、グレート・ブリテンとアイルランドを合わせた連合王国全体では約250万に達し、大衆民主政治と大衆政党の時代が到来した。[青木 康]

第3回

1884年に自由党内閣によって第3回の改正が行われ、1867年に都市選挙区について定められた戸主選挙権を州選挙区にも拡大することで、農業労働者も有権者に加えられた。この改革に議席再配分が含まれていないことに保守党は反対し、翌85年に、選挙区制の大改革が行われることになった。一部の例外を除き、イギリス全土は人口にほぼ比例した小選挙区(人口5万3000人に一議席)に分割され、都市選挙区と州選挙区との区別は消滅した。その後、1918年の国民代表法により21歳以上の男子について普通選挙が実現し、一部の女子にも選挙権が認められた。さらに、1928年には、男女平等の普通選挙制が定められた。[青木 康]
『横越英一著『近代政党史研究』(1960・勁草書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の選挙法改正の言及

【イギリス】より

… 18世紀末のフランス革命の衝撃や産業発展に伴う権力分布の社会的・地理的な変動に伴い,貴族・地主の寡頭支配への批判が表面化し,政党の活性化や選挙制度,行政機構の改革気運が顕著となる。1832年の選挙法改正によって,従来は有力貴族・地主や政府が事実上私物化していた一部選挙区の改廃や,選挙権の部分的拡大が実現される。これに官職私有化への批判と改革が加わり,国王と上院の下院操縦能力は低下する。…

【グラッドストン】より

…西インドに奴隷制農場を営むリバプールの大貿易商の子に生まれ,イートン校を経て1832年にオックスフォード大学を卒業。同年,第1次選挙法改正後最初の選挙に保守党から当選,以後95年にいたるまで下院議員をつとめた。敬虔なキリスト教徒で,政治家としても生涯キリスト者の信念にもとづいて行動したが,とくに青年時代は,熱烈なトーリー国教主義者で,38年に《国家と教会との関係》を著し,国家と英国国教会の不可分性を力説した。…

【自由党】より

…だが,ナポレオン戦争終了後,1820年代から新興ブルジョア階級と結びつき,以後この階級の思想・利害を積極的に代弁するようになった。その最初の契機となったのは選挙法改正問題で,30年に成立したグレー・ホイッグ党内閣は,参政権(=下院議員の選挙権)を要求するブルジョア階級の意向を全面的に支持し,32年に第1次選挙法改正を実現した。また同党は,国教と非国教の区別がもたらす社会の不合理を攻撃して,非国教徒やベンサム主義者の支持をも取りつけた。…

【チャーチスト運動】より

… 産業革命の終期に当たる1830年代初頭のイギリスでは,富裕な産業資本家層の対極に貧しい労働者階級が形成され,彼らは階級として結束し,労働組合や協同組合をつくり,普通選挙を要求して独自に運動を起こすまでに成長していた。しかし,普通選挙要求は32年の選挙法改正によって否定され,50万人を結集した全国労働組合大連合も,雇主,地方当局,警察の三者が一体となった抑圧にあい,34年に挫折した。さらに同年8月には,低賃金労働者への院外救助を廃した新救貧法が制定された。…

【奴隷廃止運動】より

…結局,T.クラークソンとW.ウィルバーフォースの活動が実って奴隷貿易が廃止されたのは,1807年のことであった。さらに,奴隷制に関しては,第1次選挙法改正の翌年,つまり33年に,議会は奴隷所有者に対して有償で,34年8月1日にイギリス領内の全奴隷を解放することを決定した。 もっとも,全ヨーロッパ的にみると,すでに1792年にはデンマーク王が10年後の奴隷貿易廃止を命じていた先例がある。…

【ビクトリア時代】より

…そして人口の最も大きな部分を占める労働者は,地主階級とも中流階級とも異なる別の世界に生きていた。たしかに一部上層の熟練労働者は労働組合をつくり,1867年には選挙権も獲得し(第2次選挙法改正),自助の生活態度さえ身につけ始めていたが,不熟練労働者の大部分は政治的権利からも疎外され,世紀末のC.ブースとB.S.ラウントリーの調査によるなら,都市域の人口の約3分の1がスラム街に住み,〈貧困〉の状態にあった。B.ディズレーリは,1840年代のイギリス社会を富者と貧者の〈二つの国民〉と称したが,この状況は繁栄期のビクトリア時代にもなお維持されていたといってよい。…

【ピール】より

…34年,国王の指名によって第1次ピール内閣を組織したが,100日余りで野に下った。 1830年のグレー(ホイッグ党)内閣の成立と32年の第1次選挙法改正以来,時代の趨勢はトーリー=保守党からホイッグ=自由党へと大きく傾きつつあったが,彼は野党の保守党をよくまとめ,41年政権に復帰し,第2次ピール内閣(1841‐46)を組織した。もともと彼は,経済の面では自由主義的で,自由貿易政策を支持してきており,政権につくや,関税引下げ政策をよりいっそう拡大した。…

※「選挙法改正」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

選挙法改正の関連キーワード歴史画歴史小説史上史伝誰がリーベタラハシーゴリアユーの法則ベンド (bend)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

選挙法改正の関連情報