コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新羅征討 しらぎせいとう

1件 の用語解説(新羅征討の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新羅征討
しらぎせいとう

日本の朝鮮半島経営は4世紀頃から始るが,その半島経営における出兵の一つ。半島経営の拠点である任那 (みまな) が,6世紀になって新羅の支配下に収められたため,日本は百済を助けて新羅にあたらせた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新羅征討の関連キーワード朝鮮海峡朝鮮半島仿製鏡外地遠の朝廷サハリンの朝鮮人朝鮮半島からの徴用朝鮮半島・台湾出身のBC級戦犯豊臣秀吉の朝鮮出兵韓国併合で日本に渡った朝鮮人

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone