方沸岩(読み)ほうふつがん(英語表記)analcimite, analcitite

岩石学辞典の解説

方沸岩

アナルサイム(方沸石)に富む橄欖(かんらん)石アナルサイム玄武岩の名称[Gemmellaro : 1831].ピアソンは橄欖石を含まない火山岩で,主としてアナルサイム,ときにネフェリン,オージャイトならなる岩石とした[Pirsson : 1896].レヴィンソン─レッシングはアナルサイムが一種類の岩石を呼ぶとしたが[Loewinson-Lessing : 1901],同意が得られず一般的にはピアソンの使用法が使われている.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android