於茂登山(読み)おもとやま

世界大百科事典 第2版の解説

おもとやま【於茂登山】

於茂登岳ともいう。沖縄県石垣島中央部北寄りにある山。県下の最高峰で,標高526m。石垣島の二大河川,宮良川,名蔵川の源流部をなし,地質は花コウ岩。ふもとから山頂にかけては,イタジイの群落があり,山頂には,リュウキュウチクも生育する。アサヒナキマダラセセリやマサキウラナミジャノメなどのチョウ類もみられる。同域に生息するセマルハコガメと,北側斜面のカンヒザクラ自生地は天然記念物。【町田 宗博】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の於茂登山の言及

【先島諸島】より

…先島は沖縄本島より先にある島々の意。宮古島を中心とする宮古列島がほとんど琉球石灰岩で覆われた低平な島々であるのに対し,八重山列島は県内で最も地質の多様な地域の一つで,県下最高峰の於茂登(おもと)山(石垣島。526m)を有し,変化に富んだ地形をなす。…

※「於茂登山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android