於茂登岳(読み)オモトダケ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

於茂登岳
おもとだけ

沖縄県石垣島の北部にある山。県の最高峰で、標高526メートル。全山、比較的急峻(きゅうしゅん)な斜面で、古生層と推定されるツムル層の古期変成岩類からなる。亜熱帯性の樹林の自然植生からなり、西表石垣国立公園に含まれ、北麓は特別保護地区に指定されている。名蔵(なぐら)川や宮良(みやら)川の源となり、於茂登村落から登山道がある。また、石垣島の霊山とされている。

[目崎茂和]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の於茂登岳の言及

【於茂登山】より

…於茂登岳ともいう。沖縄県石垣島中央部北寄りにある山。…

※「於茂登岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報