町田(読み)マチダ

大辞林 第三版の解説

まちだ【町田】

東京都南部、多摩丘陵西部の市。住宅都市。商業も盛ん。近世の宿場町。

まちだ【町田】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まち‐だ【町田】

[1] 〘名〙 区画によって区分された田。また、区分された特別の田。神領の田。一説に、麻知(まち)によって豊凶を占う田。
播磨風土記(715頃)讚「今、讚容の町田あり」
[2] 東京都南端の地名。多摩丘陵の南西部にあり、神奈川県に接する。江戸時代から生糸を主とする市場町として発展。東京の近郊住宅都市。昭和三三年(一九五八)市制。

まちだ【町田】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

町田の関連情報